• トップ
  • リリース
  • 大阪国際大和田中学校・高等学校は、中高生を対象に「マインドフルネス」のワークショップを3月7日に開催します

プレスリリース

大学プレスセンター

大阪国際大和田中学校・高等学校は、中高生を対象に「マインドフルネス」のワークショップを3月7日に開催します

(Digital PR Platform) 2019年03月06日(水)20時05分配信 Digital PR Platform

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



大阪国際大和田中学校・高等学校(大阪府守口市、校長/中井孝典)では、MBSR研究会共同代表の伊藤靖氏を招いて、中高生を対象に「マインドフルネス」の紹介と体験を実施します。進学校として、科学的に正しく休憩する方法を身につけ、「セルフコントロール」のきっかけとして今後の生活に役立てることを目的に企画しました。3月7日(木)11時から14時20分(昼食時間あり)まで、会場は大阪国際大和田高校体育館と大阪国際大学5号館101号室。




 日常生活において、1日に処理すべき情報量が多く脳は常にオーバーワーク状態です。
 「マインドフルネス」にはさまざまなアプローチがありますが、一般的に取り組みやすいのは「瞑想」や「座禅」に似たイメージで、基本的には姿勢を正して、ただ自分のしている「呼吸」に意識を向けるというものです。
 「マインドフルネス」は最新の脳科学でさまざまな効果が実証されており、Google社やApple社などの企業のほか、政府機関の研修でも取り入れられています。
 生徒達が自分自身で自己の心について理解するきっかけとして身につけることを期待しています。



ワークショップ概要は下記の通り。

【スケジュール】3月7日(木)
 11:00〜11:50 高校2年生(体育館)
 12:00〜12:50 高校1年生(大学 5号館 101号室)
   昼食
 13:30〜14:20 中学生(大学 5号館 101号室)

【場所】
 大阪国際大和田高等学校体育館(大阪府守口市藤田町6丁目21-57)
 大阪国際大和田大学 5号館101号室(大阪府守口市藤田町6丁目21-57)

【講師】伊藤 靖 氏(MBSR研究会 共同代表)
<MBSR研究会>
 関西医科大学心療内科学講座に所属する伊藤靖・山本和美の両氏が共同代表を務める研究会。
 米国のマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness-Based Stress Reduction)や英国のマインドフルネスインスクールズプロジェクト(MiSP)を実施し、その普及に努めている。
 両氏は.b(ドットビー)という英国でつくられた中高生用の10週間のマインドフルネスプログラムにも造詣が深い。

◇ご参考URL
 *大阪国際大和田中学校・高等学校
  http://www.owada-h.oiu.ed.jp/index.html

 *MBSR研究会
  https://www.mbsr-study-group.com/




(発信元:大阪国際学園法人本部事務局 企画・広報室)


▼本件に関する問い合わせ先
大阪国際大和田中学校・高等学校
企画部
今井 亮輔
TEL:06-6904-1118(代)


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る