• トップ
  • リリース
  • 滋賀県立大学が3月16日に「SDGs学生大会〜びわ湖で考えるSDGs〜」を開催 -- 全国からSDGsに取り組む学生が集結

プレスリリース

  • 記事画像1

滋賀県立大学が3月16日に「SDGs学生大会〜びわ湖で考えるSDGs〜」を開催 -- 全国からSDGsに取り組む学生が集結

(Digital PR Platform) 2019年03月04日(月)14時05分配信 Digital PR Platform



滋賀県立大学(滋賀県彦根市)は3月16日(土)に、今年度のSDGs普及活動を締めくくるイベント「SDGs学生大会〜びわ湖で考えるSDGs〜」を開催する。県内外の未来を担う学生たちが集い、ポスターセッションやワークショップを実施するほか、滋賀県知事の三日月大造氏による講演などを行う。要事前申し込み、参加費無料(交流会参加費は1500円)。




 滋賀県立大学は昨年6月、学生とともに「SDGs宣言」を行い、以後、教育・研究活動や学生の地域貢献を通じ、SDGsの普及に関する多くの取り組みを実施している。
 このたび今年度の活動の締めくくりとして、学生大会を開催。当日は三日月大造滋賀県知事による基調講演や、滋賀県内のほか全国からSDGsに関わる取り組みを行う学生団体が集い、ポスターセッションや13のテーマに分かれての「サスティナブルな未来のためのアクションプラン」を考えるワークショップを実施する。
 学生大会ではあるが、学生みならず、企業・NPO・一般の方の参加も受け付けている。

◆SDGs学生大会〜びわ湖で考えるSDGs〜
【日 時】2019年3月16日(土) 10:00〜16:45(交流会17:00〜)
【場 所】滋賀県立大学(彦根市八坂町2500)
【内 容】
10:00〜 開会式
10:15〜 基調講演 「なぜ、いま滋賀からSDGsなのか(仮題)」
     滋賀県知事 三日月 大造氏
11:05〜 パネルディスカッション
 滋賀県知事 三日月 大造氏
 大津市長 越 直美氏
 滋賀トヨペット株式会社 取締役社長 山中 隆太郎氏
 滋賀県立大学学生・他大学生
12:00〜 ポスターセッション(26団体の予定 2/27現在)
13:45〜 「SDGsの17目標でつながる」ワークショップ(SDGsカードゲーム等)
17:00〜 交流会(学生食堂ナシェリア)参加費1500円
【参加費】無料 ただし、交流会参加費1500円
【主 催】滋賀県立大学
参加の事前申込はこちらから https://coc-biwako.net/sdgs_app.html
 
 (〆切:3月11日(月))

▼本件に関する問い合わせ先
地域共生センター
東井(とうい)
TEL:0749-28-9851
FAX:0749-28-0220
メール:coc-biwako@office.usp.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る