• トップ
  • リリース
  • キュナード【クイーン・エリザベス】2021年春夏の日本発着クルーズ・スケジュールを発表

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社カーニバル・ジャパン

キュナード【クイーン・エリザベス】2021年春夏の日本発着クルーズ・スケジュールを発表

(Digital PR Platform) 2019年03月04日(月)12時58分配信 Digital PR Platform

宮古島に初寄港!ゴールデンウィークを含む春夏に日本発着全4クルーズを運航

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1434/31782/400_266_201903041215195c7c9847e8e2b.jpg
イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ライン キュナードは、この度2021年春夏の日本発着のクルーズ・スケジュールを発表しました。2020年のクイーン・エリザベス日本発着クルーズが、既に大好評をいただいていることから、2021年春夏は日本発着全4クルーズを設定し、さらに宮古島への初寄港を決定いたしました。ゴールデンウィークを含む春から初夏のクルーズのベストシーズンに、クイーン・エリザベスで美しい日本を巡る体験を提供いたします。

2021年春夏のクルーズでは、4月から5月にかけて周遊する、日本の豊かな自然と伝統・文化に出会い本州と九州の美しい春を巡る9泊10日3クルーズと、5月に周遊する人気のゴールデンウィーク7泊8日1クルーズを東京発着で運航いたします。
さらに、今回のクルーズでは新たに、沖縄諸島や台湾へ寄港を設定。北日本の山岳地帯を巡るクルーズとは対照的な景色が楽しめます。ベストシーズンを迎える美しい宮古島にキュナードとして初めて寄港することは、今回のクルーズの大きな特徴です。

また、3月にはオーストラリアから東南アジアを経由して日本寄港するクルーズも運行いたします。日本寄港前には、パプアニューギニア、シンガポール、ベトナム、香港、台湾、フィリピンなどのエキゾチックで象徴的な街に寄港いたします。

東京発着クルーズ(9泊10日):
 4月14日〜4月23日
 4月23日〜5月2日
 5月9日〜5月18日

東京発着クルーズ(7泊8日):
 5月2日〜5月9日

フライ・クルーズ:
 3月6日〜4月14日 メルボルン発/東京着
 3月8日〜4月14日 シドニー発/東京着
 3月10日〜4月14日 ブリスベン発/東京着
 3月26日〜4月14日 シンガポール発/東京着
 3月26日〜4月23日 シンガポール発/東京着
 4月3日〜4月14日 香港発/東京着
 4月3日〜4月23日 香港発/東京着

◆キュナード関連サイト:
日本語ホームページ: http://www.cunard.jp/
日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/CunardJP/

◆キュナードについて
キュナードは、いつまでも心に残る体験を提供することで知られている、イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ラインです。1840 年以来、北大西洋での客船運航において常にリードし、2015年には記念すべき 175 周年を祝いました。約2世紀に渡り、大西洋航路のパイオニアであり続けるキュナードは、まさに世界的なクルーズラインです。
キュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテイメント、優れたサービスなどを体験していただけます。5 ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーによる講演、ライブラリー、映画に至るまで、ゲストの皆さまにいつまでも心に残る体験をしていただけるよう、きめ細やかなサービスを提供しています。
キュナードは現在、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの 3 隻を保有し、ヨーロッパ、カリブ海、アジア、オーストラリア方面に就航しています。2017 年には、4 隻目の客船が 2022 年に就航することを発表しました。この投資により、キュナードはさらなる世界戦略を強化、2000 年以来の 4 隻同時就航を予定しています。
キュナードは、イギリス・サウサンプトンにあるカーニバル・ハウスに拠点を置き、1998 年よりカーニバル・コーポレーションの傘下に入っています。


本件に関するお問合わせ先
お問い合わせ先 キュナード・ライン ジャパンオフィス 広報業務代行
株式会社プラップ ジャパン 担当:滝田・福田・野村
TEL:03-4580-9103  E-mail:cunard_pr@prap.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る