• トップ
  • リリース
  • 【株式会社LIXIL×神奈川大学】近代日本における台所改革は「立働」「衛生」「利便」という3つの理念がテーマ!建築学科 須崎文代 特別助教が株式会社LIXIL主催の企画展「台所見聞録 -- 人と暮らしの万華鏡 -- 」に協力

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【株式会社LIXIL×神奈川大学】近代日本における台所改革は「立働」「衛生」「利便」という3つの理念がテーマ!建築学科 須崎文代 特別助教が株式会社LIXIL主催の企画展「台所見聞録 -- 人と暮らしの万華鏡 -- 」に協力

(Digital PR Platform) 2019年02月15日(金)14時05分配信 Digital PR Platform



【本件のポイント】
●本学建築学科 須崎文代特別助教が株式会社LIXIL主催の企画展に協力。
●関連企画として「近代の暮らしを変えた、台所の世界」と題した須崎氏の講演会が開催。
●本学日本常民文化研究所所員でもある須崎氏が日本近代台所史の視点から本展の開催に貢献。




 本学建築学科特別助教であり、日本近代台所史を専門とする須崎文代氏が制作に協力した、株式会社LIXIL主催のLIXILギャラリー企画展「台所見聞録―人と暮らしの万華鏡―」が下記のとおり開催される。
 また、関連企画として「近代の暮らしを変えた、台所の世界」と題した須崎氏の講演会も行われる。
 本展は、建築家と研究者による調査研究を見聞録に見立て、世界の伝統的な台所と近代日本における台所改革の様子を、再現模型や図版、日本の家政書など約90点の資料で展観し、人々が求めてきた理想の台所像を再考する。
 須崎氏は、西洋の影響を受け急速に近代化された明治・大正・昭和の台所について、高等女学校の「家事教科書」に着目、収集し、実証的に研究。
 そこから「立働」「衛生」「利便」という3つの理念が当時の台所改革のテーマであったことを確認した。
 また、須崎氏は、「近代の暮らしを変えた、台所の世界」をテーマに近代以降の各時代で理想とされた台所や台所改良の考え方についての講演会を予定している。

◆開催概要
 「台所見聞録―人と暮らしの万華鏡―」
 Kitchen Chronicles; A Kaleidoscopic Overview of Home Living
会期   201 9年 3月 8日(金)〜 5月 21日(火)
開館時間 10:00〜17:00 ※休館日 水曜日(祝日は開館)
会場    LIXILギャラリー(大阪会場)※入場料無料
     大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪南館タワーA12階
協力    神奈川大学工学部建築学科内田・須崎研究室、須崎文代、宮崎玲子
展示デザイン+建築設計 田代朋彦
展示グラフィック リバーサイド(加藤透・本田千尋)

◆講演会
 「近代の暮らしを変えた、台所の世界」
日時   2019年4月14日(日)14:00〜15:30
講師   須崎 文代(神奈川大学工学部建築学科 特別助教、日本常民文化研究所 所員)
会場    LIXILショールーム大阪 セミナールーム※参加無料
要予約(定員70名)
※ご予約はLIXILギャラリーHPから
*6月6日〜8月24日の期間にLIXILギャラリー(東京会場)で巡回展を開催。

【須崎特別助教への取材に関する問い合わせ】
 神奈川大学 工学部建築学科 須崎文代 
 TEL: 045-481-5661(代)



※企画展に関する問い合わせは、LIXILギャラリーHPを確認してください。
★本展についての詳細は、LIXILギャラリーHPを確認してください。
 http://www.livingculture.lixil/gallery/

▼本件に関する問い合わせ先
広報部
TEL:045-481-5661


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る