• トップ
  • リリース
  • 【武蔵大学】地域と連携した養蜂プロジェクト「江古田ミツバチ・プロジェクト」の講演会を開催

プレスリリース

【武蔵大学】地域と連携した養蜂プロジェクト「江古田ミツバチ・プロジェクト」の講演会を開催

(Digital PR Platform) 2019年02月08日(金)08時05分配信 Digital PR Platform



武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)と【江古田ミツバチ・プロジェクト】は、地域連携の一環として、「ミツバチとハチミツを活かす講演会」を開催します。専門の講師がハチミツに関する栄養学やその効能、美容と健康などの講演を行い、休憩時間にはハチミツの試食や活動説明も行われます。参加費が無料であることから気軽に参加可能で、本学の教授や学生との交流を通した地域活性化が期待されます。




◆「ミツバチとハチミツを活かす講演会」
・日時:2019年2月23日(土)13:30〜16:00
・会場:武蔵大学(東京都練馬区豊玉上1-26-1)1号館1階1101教室(大教室)
・定員:150名(申込順)
・参加費:無料

◆講演会詳細
【講演1】 13:30〜14:30
「ミツバチの驚くべきハチミツづくりとその栄養素・効能」
 講師:中村 純 氏
 (玉川大学ミツバチ科学研究センター教授)

【講演2】 14:45〜15:45
「美容と健康に効くハチミツ生活」
 講師:池田 裕子 氏
 (日本はちみつマイスター協会本部講師)


【江古田ミツバチ・プロジェクト】とは?
 江古田の地域の方と学生が連携した養蜂を通じて、都市環境の多様化とハチミツの商品化による街の活性化に取り組むプロジェクト。武蔵大学3号館屋上で、メンバー約80名がミツバチの世話をしています。
 生産されたハチミツは江古田にある協力店や団体により、カステラやプリン、マドレーヌ、アイスクリームなどの商品となって販売されています。また、年に数回開催される見学会や白雉祭での出店も好評で、小さなミツバチから地域の輪が広がっています。

▼本講演会内容へのお申し込み・お問い合わせ
 江古田ミツバチ・プロジェクト 谷口
 E-mail: eco-tani@jcom.home.ne.jp

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る