• トップ
  • リリース
  • 目白大学新宿図書館が12月25日まで企画展示「ナウシカ誕生とその時代展 -- アニメ雑誌『アニメージュ』の周辺から --」を開催 -- 今ではなかなか見ることができない貴重な資料も

プレスリリース

  • 記事画像1

目白大学・目白大学短期大学部

目白大学新宿図書館が12月25日まで企画展示「ナウシカ誕生とその時代展 -- アニメ雑誌『アニメージュ』の周辺から --」を開催 -- 今ではなかなか見ることができない貴重な資料も

(Digital PR Platform) 2018年12月18日(火)14時05分配信 Digital PR Platform



目白大学新宿図書館(東京都新宿区)では12月25日(火)まで、企画展示「ナウシカ誕生とその時代展−アニメ雑誌『アニメージュ』の周辺から−」を開催している。これは、秋学期に開講している人間学部子ども学科専門教育科目「子ども文化論」との連動企画で、同学科の山中智省専任講師が監修。スタジオジブリの設立のきっかけとなったアニメーション映画『風の谷のナウシカ』の制作から公開前後の状況を、原作漫画が掲載されていた雑誌『アニメージュ』などの資料と合わせて振り返る。




 子ども学科専門教育科目「子ども文化論」(担当:山中智省専任講師)では、子ども文化の一翼を担うアニメーションの知識や理解を深める授業を展開。主体的に解釈し、その考えを積極的に発信する力をつけることを目標としている。
 現在、目白大学新宿図書館では同授業との連動企画として、企画展示「ナウシカ誕生とその時代展−アニメ雑誌『アニメージュ』の周辺から−」を開催している。
 
 映画『風の谷のナウシカ』は、同作の監督・宮崎駿氏がアニメ雑誌『アニメージュ』で連載していた漫画を原作としたもので、1984年に公開。そのヒットがきっかけとなって1985年に設立されたのが、スタジオジブリである。

 現在、日本国内のみに留まらず世界的な人気を誇るスタジオジブリのアニメーション。今回の展示では、『風の谷のナウシカ』制作から映画公開前後に行われた宣伝・商品展開に至るまでの盛り上がりや、意外と知られていないジブリ設立までの流れを、関連の深い『アニメージュ』等の資料と合わせ、時代の流れの中で紐解いていく。
 今ではなかなか目にすることができない貴重な資料も多数展示している。

◆ナウシカ誕生とその時代展−アニメ雑誌『アニメージュ』の周辺から−
【開催日】2018年12月3日(月)〜12月25日(火)
【時 間】
 (月〜金):9:00〜21:00
 (土):9:00〜17:00
 (日):休館
【場 所】目白大学新宿図書館 本館1階 PC室前スペース


▼本件に関する問い合わせ先
目白大学新宿図書館
住所:〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL:03-5996-3140


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る