• トップ
  • リリース
  • 駒澤大学が11月16日・17日に禅ブランディング事業「『禅と心』シンポジウム」を開催 -- 禅研究に関する成果を国内外に発信

プレスリリース

駒澤大学が11月16日・17日に禅ブランディング事業「『禅と心』シンポジウム」を開催 -- 禅研究に関する成果を国内外に発信

(Digital PR Platform) 2018年11月06日(火)20時05分配信 Digital PR Platform



駒澤大学(東京都世田谷区/学長:長谷部八朗)は、11月16日(金)、17日(土)に「『禅と心』シンポジウム」を開催する。これは、平成28年度私立大学研究ブランディング事業に採択された「禅ブランディング事業」の一環として行うもの。当日は、マインドフルネスをテーマとした講演や禅に関する科学的研究の報告、パネルディスカッションなどが行われる。入場無料、事前申し込み不要(会場が定員になり次第締め切り)。




 「仏教」の教えと「禅」の心を建学の理念とする駒澤大学は、「禅ブランディング事業」として「『禅と心』研究の学際的国際的拠点づくりとブランド化事業」を展開。同事業は、文部科学省の平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」タイプB(世界展開型)に採択されている。
 同事業は、4つの研究チームと発信事業チームからなる。開校以来、同大に蓄積された禅研究に関する知の蓄積と研究チームによる新たな研究成果を、発信事業チームが国内外へと発信し、大学のブランド強化につなげる取り組みを行っている。

 このたび、同事業の一環として「『禅と心』シンポジウム」を開催。「なぜ禅は人をひきつけるのか。」をテーマに、講演や研究報告、パネルディスカッションなどを行う。概要は下記の通り。

◆「『禅と心』シンポジウム」
【日 時】
・11月16日(金) 9:45〜
・11月17日(土)10:00〜
【会 場】 駒澤大学駒沢キャンパス 記念講堂(東京都世田谷区駒沢1-23-1)
【プログラム】
<11月16日(金)>
●第1部 道元禅とマインドフルネス
・10:00〜 特別講演「マインドフルネスとは」
 熊野宏昭(早稲田大学人間科学学術院教授)
・11:30〜 「道元禅と坐禅」
 角田泰隆(駒澤大学仏教学部教授)
●第2部 組織経営と禅・マインドフルネス
・13:30〜 「今、なぜ禅的経営なのか?」
 島津清彦((株)シマーズ代表取締役)
・14:15〜 「教団組織運営と人材育成―輪住制度と清規・修行の特徴を通して―」
 尾崎正善(徳善寺住職)
・15:15〜 パネルディスカッション
 パネリスト:島津清彦、尾崎正善、貫井洋(駒澤大学高等学校校長)
 コメンテーター:山口浩(駒澤大学GMS学部教授)
 ファシリテーター:青木茂樹(駒澤大学経営学部教授)
<11月17日(土)>
●第1部 禅瞑想の科学的研究
・10:10〜 「坐禅の科学」
 有田秀穂(東邦大学医学部名誉教授)
・11:15〜 「禅瞑想の脳電図学的考察」
 谷口泰富(駒澤大学文学部教授)
●第2部 禅の受容と展開
・13:00〜 「禅と芸能」(芸は正しくは旧字体)
 司会:近衞典子(駒澤大学文学部教授)
 講演者:田中徳定(駒澤大学文学部教授)、善竹大二郎(能楽師)、大蔵教義(能楽師、蔵は正しくは旧字体)
・14:40〜 「緩和ケアの現場に立つ宗教者の活動と信仰」
 司会:岩永正晴(駒澤大学仏教学部教授)
 参加者:五十嵐雄道(円光寺)、光吉祐ショウ(長楽寺、ショウは言べんに登)、山下一徹(海ゼン寺、ゼンは土へんに需)、伊豆丸展子(ジャーナリスト)
【対 象】
 一般の方、同大学生、教職員
 ※会場が定員になり次第、入場をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

■「禅と心」研究の学際的国際的拠点づくりとブランド化事業
 https://www.komazawa-u.ac.jp/zen-branding/

▼本件に関する問い合わせ先
駒澤大学総務部広報課
住所:〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL:03-3418-9828
メール:koho@komazawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る