• トップ
  • リリース
  • 大谷大学同窓会ホームカミングデーにおいて、職域同窓会「教職」公開講演会を開催 新しい学習指導要領では、現場の教員に何が求められるのかを考える。

プレスリリース

  • 記事画像1

大谷大学同窓会ホームカミングデーにおいて、職域同窓会「教職」公開講演会を開催 新しい学習指導要領では、現場の教員に何が求められるのかを考える。

(Digital PR Platform) 2018年10月18日(木)20時05分配信 Digital PR Platform



大谷大学では、11月17日(土)に大谷大学同窓会が主催するホームカミングデーが開催される。このホームカミングデーの開催にあわせ、昨年より教職に就いている卒業生有志が実行委員となって企画された「職域同窓会「教職」 ひろがるつながる大谷教職の“わ”」を併催しており、同窓生としての交流を深め、教育現場における情報交換や相談の場となっている。
第2回目となる今年度は、本学の教育・心理学科元教授の岩渕 信明氏を講師に公開講演会を開催し、2020年度に小学校で全面実施となる新学習指導要領において、学校現場に何が求められるようになるのかを考えていく。




 大谷大学では、2009年に教育・心理学科を開設し、多くの小学校や幼稚園の教諭を輩出してきた。近年では、そのような現場で活躍されている同窓生から、教職についている同窓生との交流を深め、現場では話しにくい悩みや相談などについて話し合いたいという声が多く寄せられるようになった。
 そこで昨年に初めて、教職に就いている卒業生有志が実行委員となって企画された「職域同窓会「教職」ひろがるつながる大谷教職の''わ''」を開催したところ、全国から教職に就かれている27名の同窓生が参加され、教職を目指す学生たちとも有意義な交流の時間を持つことができた。
 今年度も、11月17日(土)に大谷大学同窓会が主催するホームカミングデーが開催されるのにあわせ、第2回「職域同窓会「教職」ひろがるつながる大谷教職の''わ''」を開催する。第2回目となる今回は、本学の教育・心理学科元教授の岩渕 信明氏を講師に、小学校現場で2020年度より全面実施となる新学習指導要領では、教員の授業方法やクラス運営になにが求められるようになるのかについて考える公開講演会を開催する。

   日 時:2018年11月17日(土) 15:45〜16:45



   講 師:岩渕 信明 氏(大谷大学文学部教育・心理学科 元教授) 
   
   テーマ:「学指導要領移行期の今、大谷大学卒業の教員に期待すること」

   会 場:慶聞館1階 K101教室
   
   聴講無料・一般来聴歓迎・事前申込不要

   2018年度ホームカミングデーのご案内はこちら→ http://www.mujinto-otani.org/hcd/index.html

▼本件に関する問い合わせ先
総務部校友センター
植垣 光弘
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8124
FAX:075-411-8157
メール:kouyu@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る