• トップ
  • リリース
  • 追手門学院大学が8月3日に大阪観光局長の溝畑宏客員教授による講演会を開催 -- 「スポーツをする・見る・支える」

プレスリリース

追手門学院大学が8月3日に大阪観光局長の溝畑宏客員教授による講演会を開催 -- 「スポーツをする・見る・支える」

(Digital PR Platform) 2018年07月30日(月)08時05分配信 Digital PR Platform



追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)は8月3日(金)、2025年大阪万博誘致やカジノ施設を含む統合型リゾート(IR)の推進で注目される大阪観光局長の溝畑宏客員教授による講演会「スポーツをする・見る・支える」を開催する。これは、同日に開催するオープンキャンパスのメインイベントの1つとして行うもので、受験生のほか、学生や一般の聴講も可。事前申し込み不要、聴講無料。




【ポイント】
○2025年大阪万博招致、IR推進で注目される大阪観光局長溝畑宏客員教授による講義
○地域創造学部、北摂総合研究所など観光、文化、まちづくりについて教育・研究を推進中
○一般の方も当日聴講が可能

 溝畑客員教授は大分県庁時代に2002年日韓ワールドカップの大分開催やプロサッカーチームの設立(2008年Jリーグナビスコカップ優勝)など、スポーツによる地域振興に取り組み、2010年に観光庁長官に就任。2020年東京オリンピック・パラリンピック招致や、生涯スポーツの世界大会であるワールドマスターズゲームズ2021関西の招致に尽力した。
 2015年からは大阪観光局長として2025年大阪万博の誘致やIRの推進に取り組んでおり、2016年4月からは追手門学院大学の客員教授も務める。

 同大は2015年に地域創造学部を開設。大阪・京都・神戸などを学びのフィールドに観光、文化、まちづくりなどの視点で教育・研究を進め、地域に貢献できる人材の育成に取り組んでいる。また、現在構想中のスポーツ系プログラムは、スポーツを生かした地域づくりやスポーツビジネスなどをテーマにしている。

◆大阪観光局長 溝畑宏客員教授による講演会「スポーツをする・見る・支える」
【日 時】 8月3日(金) 13:30〜14:00
【会 場】 追手門学院大学 3号館 3204教室(大阪府茨木市西安威2-1-15)
【対 象】 高校生、学生および一般
【申 込】 事前申込不要(当日、直接会場まで)
【聴講料】 無料

●追手門学院大学 オープンキャンパス2018
 https://www.otemon.ac.jp/nyushi/open_campus_2018/

▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る