• トップ
  • リリース
  • 江戸川大学こどもコミュニケーション学科の学生がロープスキッピング世界大会に日本代表として出場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

江戸川大学こどもコミュニケーション学科の学生がロープスキッピング世界大会に日本代表として出場

(Digital PR Platform) 2018年07月24日(火)14時05分配信 Digital PR Platform



江戸川大学(千葉県流山市)メディアコミュニケーション学部こどもコミュニケーション学科の稲葉海哉さんと蛯原椋華さん(共に1年生・常総学院高出身)は、7月23日(月)〜8月3日(金)に中国・上海で行われる第12回ロープスキッピング世界選手権大会に、日本ロープスキッピング連盟(JRSF)の登録選手として出場する。




 ロープスキッピングとは、ルールや競技スタイルなどを定めたスポーツとしてのなわとびのこと。個人競技では30秒スピード(かけ足、二重とび)やフリースタイル、団体ではリレーやダブルダッチなどの種目がある。現在では2年ごとに世界選手権大会が行われている。

 稲葉さんは、昨年行われた第13回全日本ロープスキッピング選手権大会(13JC)の 14〜18 歳男子の部で個人総合1位。蛯原さんも14〜18歳女子の部で個人総合1位に輝き、今回の世界選手権大会への出場権を勝ち取った。

 2人の世界大会出場を前に、こどもコミュニケーション学科では壮行会を開催。稲葉さんと蛯原さんが各種目のデモンストレーションを行った後、江戸川大学の小口彦太学長から激励の言葉がかけられた。それを受けて2人は「大会に向けて、心も体もしっかり準備していきたいです。たくさんのメダルが取れるように頑張ります」と力強く意気込みを語った。

■稲葉 海哉さん
 高校でロープスキッピングのサークルを立ち上げ、選手兼監督として活躍。蛯原さんも稲葉さんにロープスキッピングを教わった。大学でも「ロープスキッピング愛好会」を立ち上げ、競技の普及に力を入れている。
【13JCの戦績】
 5種目のうち30秒スピード(かけ足)1位、3分スピード(かけ足)1位、フリースタイル1位で、個人総合1位。30秒スピード(かけ足)では102回を跳び、世界記録を達成。

■蛯原 椋華さん
 ロープスキッピング歴2年と日は浅いものの、各種目とも安定した実力の持ち主。稲葉さんと共に、競技の普及に力を入れている。
【13JCの戦績】
 5種目のうち30秒スピード(かけ足)2位、3分スピード(かけ足)1位、フリースタイル2位で、個人総合1位。

<参考リンク>
■日本ロープスキッピング連盟(JRSF)
http://jrsf.jp/


■メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_child/



▼本件に関する問い合わせ先
江戸川大学事務局広報課
上利 浩史
住所:千葉県流山市駒木 474
TEL:04-7152-9986
FAX:04-7153-4596
メール:kouhou@edogawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る