• トップ
  • リリース
  • 江戸川大学人間心理学科の福田一彦教授らの研究成果が世界睡眠学会、国際小児睡眠学会のオフィシャルジャーナル『Sleep Medicine』に掲載 -- 好きな匂いをかぐと嫌な夢を見る?!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

江戸川大学人間心理学科の福田一彦教授らの研究成果が世界睡眠学会、国際小児睡眠学会のオフィシャルジャーナル『Sleep Medicine』に掲載 -- 好きな匂いをかぐと嫌な夢を見る?!

(Digital PR Platform) 2018年06月18日(月)20時05分配信 Digital PR Platform



元筑波大学人間学群心理学類の岡部聡美さん、江戸川大学社会学部人間心理学科の福田一彦教授(実験心理学)、 農研機構・野菜花き研究部門の望月寛子上級研究員、筑波大学人間系の山田一夫准教授らは、江戸川大学睡眠研究所での実験から、レム睡眠中に本人の好きな匂いをかがせると嫌な夢を見るという結果を明らかにした。この研究成果は、世界睡眠学会や国際小児睡眠学会のオフィシャルジャーナル『Sleep Medicine』(2018年4月19日:Available Online)に掲載された。




 元筑波大学人間学群心理学類の岡部聡美さんは、江戸川大学社会学部人間心理学科の福田一彦教授(実験心理学)、 農研機構・野菜花き研究部門の望月寛子上級研究員、筑波大学人間系の山田一夫准教授らとともに江戸川大学の睡眠研究所の実験施設で実験を行った。
 その結果、レム睡眠中に本人の好きな匂いを提示すると、夢の内容が良くなるのではなく、むしろ不快な内容に変化するという結果を得た。

 岡部さんらはこの結果について、嗅覚を処理する系が不快な情動に関連する脳の扁桃体へ直接入力を送っていることや、レム睡眠中には、好き嫌いなどの価値判断を行っている眼窩前頭皮質の活動が低下していること、匂いとの接触回数が多いとその匂いを好きになりやすく、また接触回数が多いと匂いのセンサーである嗅上皮での閾値が下がることなどによって生じているのではないかと考察した。

■発表者
 江戸川大学 社会学部 人間心理学科 教授(睡眠研究所長)福田一彦

■論文情報
 Satomi Okabe, Kazuhiko Fukuda, Hiroko Mochizuki-Kawai, & Kazuo Yamada, (2018)
 ''Favorite odor induces negative dream emotion during rapid eye movement sleep'', Sleep Medicine, 47, 72-76.
 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945718301151

<参考リンク>
■福田一彦教授
 https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/teachers/index3.html
■社会学部人間心理学科
 https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/
■江戸川大学睡眠研究所
 https://www.edogawa-u.ac.jp/facility/sleep/

▼本件に関する問い合わせ先
江戸川大学事務局広報課
上利 浩史
住所:千葉県流山市駒木 474
TEL:04-7152-9986
FAX:04-7153-4596
メール:kouhou@edogawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る