• トップ
  • リリース
  • 6月9日(土)に御殿山キャンパス・グローバルタウン開学記念式典を開催 -- 関西外国語大学

プレスリリース

  • 記事画像1

6月9日(土)に御殿山キャンパス・グローバルタウン開学記念式典を開催 -- 関西外国語大学

(Digital PR Platform) 2018年06月06日(水)20時05分配信 Digital PR Platform



関西外国語大学(大阪府枚方市)は6月9日(土)午前11時から、今年4月に開学した新キャンパス「御殿山キャンパス・グローバルタウン」の開学記念式典を開催します。




日 時:2018年6月9日(土)11:00〜11 :45



会 場:関西外国語大学御殿山キャンパス・グローバルタウン TANIMOTO HALL
    (大阪府枚方市御殿山南町6-1)

内 容:
・谷本義高学長の挨拶・キャンパス紹介
    
・来賓祝辞 
   米・ニューヨーク州立大学オルバニー校学長 ハビダン・ロドリゲス氏

・イベント パフォーマンス集団SILTによるサンドアート 等々

出席者:関西外国語大学の海外協定大学7カ国20大学の学長ら大学関係者のほか、駐大阪・神戸米国総領事のかれん・ケリー氏をはじめとする在日外国公館、本学に関係の深い企業、大学・短期大学、高校の代表の皆さん約450人


【6月8日(金)にも前日行事】
 6月8日午前10時からもTANIMOTO HALLで前日行事があります。本学の海外協定大学の関係者が出席。留学生を受け入れている留学生別科やグローバルインターンシップの紹介、留学生のスピーチ、2017年からスタートした英語教育プログラム「Super IESプログラム」の紹介などがあります。

------------------------------------------------------------------------------------     
【関西外国語大学 御殿山キャンパス・グローバルタウン】



 関西外国語大学の創立70周年記念事業の一環として、2015年より構想を進め、本年4月に開学しました。敷地面積は約5万平方メートル。新キャンパスの東400メートルには、2002年に開設した中宮キャンパスがあり、2つのキャンパスが融合することにより、国際教育・国際交流の一大拠点が誕生することになります。

 新キャンパスの設計の理念は、「学校でない学校を創る」こと。これまでの学校の既成概念を打ち破ったキャンパスの特徴は、キャンパスを「出会いの場」「多文化交流の場」「学びと生活の場」「アカデミックな場」「つどいの広場」という5つの顔を持つ「街」したことです。中でも、2階建ての小教室群が中央の芝生広場を囲むように回廊で結ばれる一帯は、イタリア語で「VILLA」と名付け、新キャンパスを象徴するエリアです。

 新キャンパスには、留学生と関西外大の学生が生活をともにする「GLOBAL COMMONS 結-YUI-」があります。学生たちは「世界の縮図」のような場で、「学」「食」「住」をともにしながら、国際感覚やコミュニケーション能力を磨くことになります。


▼本件に関する問い合わせ先
関西外国語大学入試広報企画部企画広報課
住所:大阪府枚方市中宮東之町16-1
TEL:072-805-2850
FAX:072-805-2871
メール:press@kansaigaidai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る