• トップ
  • リリース
  • IoTシステムの発展や活用で特に優れた事例として評価 袖 美樹子准教授のBusStopプロジェクト「賢いバス停システム」が「WSN-IoT AWARD 2018」にて奨励賞を受賞 -- 国際高等専門学校

プレスリリース

大学プレスセンター

IoTシステムの発展や活用で特に優れた事例として評価 袖 美樹子准教授のBusStopプロジェクト「賢いバス停システム」が「WSN-IoT AWARD 2018」にて奨励賞を受賞 -- 国際高等専門学校

(Digital PR Platform) 2018年05月24日(木)14時05分配信 Digital PR Platform

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



国際高等専門学校(石川県金沢市久安2-270)袖 美樹子准教授が研究指導を担当する「BusStopプロジェクト」により開発された「賢いバス停システム」が、IoTのインターネットシステムの優れた活用事例として評価され、YRP研究開発推進協会(YRP協会) の「WSN-IoT AWARD 2018」奨励賞を受賞した。





 「賢いバス停システム」は、バスの時刻表や乗換案内を音声や画面で伝えるばかりでなく、子供の見守りも行います。2017年4月より開発が始まり、「バス停」に設置されたカメラでバス停前を通る人の顔や服装の特徴を抽出すると、その場で数値にリアルタイムに変換する。変換された数値は暗号化されたうえで独自の通信ネットワークでサーバーに送信される。画像は蓄積されず、バス停ごとに異なった方式で数値化されるため、個人情報保護の観点からも安心である。すでに実証実験が何度か行われ、有効性が検証されている。



 さらにその機能の一つの「バスどこシステム」は、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の車両にGPS機器を設置し、LoRa、3G回線でサーバーに送られた位置情報をWebアプリケーションに表示するもので、スマートフォンやタブレット、PC等の端末で現在位置がリアルタイムで確認できる。LoRaは、IoT向けの通信ネットワークに用いられている無線通信方式の一つで、「バスどこシステム」では国際高専独自のLoRa技術(特許出願済)でバス停間の通信を行っている。5月1日からは野々市市の協力を得て、実証実験も行われている。



 表彰式は、5月23日から東京ビッグサイトで開催される無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベント「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)」で行われた。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人金沢工業大学 広報課
志鷹 英男
住所:石川県野々市市扇が丘7−1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る