• トップ
  • リリース
  • 追手門学院大学が大学経営に特化した大学院コースを開設 -- 現役の大学職員が大学マネジメントを学ぶ

プレスリリース

  • 記事画像1

追手門学院大学が大学経営に特化した大学院コースを開設 -- 現役の大学職員が大学マネジメントを学ぶ

(Digital PR Platform) 2018年04月26日(木)20時05分配信 Digital PR Platform



追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)は今年4月、大学経営に特化した研究領域を大学院経営・経済研究科に開設した。この研究領域は現役の大学職員を含めた社会人も対象にしており、今春入学した第1期生は全員が現役の大学職員。同大から4名、他大学から2名の合計6名が在籍する。なお、経営学の分野で修士(大学経営)の学位を取得できる大学院は全国で初めてとなる。




 現役の大学職員が学ぶ「大学院経営・経済研究科 経営・経済専攻 経営コース 大学経営研究領域」は、博士前期課程のみで、標準修了年限は2年。修了には30単位以上の取得と修士論文が必要となる。
 大学経営研究領域特有の科目として「経営戦略論研究(大学経営)」、「経営管理論研究(大学経営)」、「高等教育論」、「大学職員論」、「キャリア開発支援論」、「高等教育統計解析」を開講。経営学の視点から大学経営に関する専門分野の理論・事例・政策・制度・歴史を体系的に深く学び、教育マネジメント課題を調査・分析・考察する力を身に付けることを目指す。

 この日(写真参照)は「経営管理論(大学経営)」の1コマで、学生である5名の大学職員が出席。担当教員の福島一政教授(高等教育経営)が「法人組織と大学経営」というテーマで講義とディスカッションを行った。
 大学経営において話題となるマネジメントとガバナンスは、はっきりとした定義による区別があるわけでなく、マネジメントは調査・決定・執行機能、ガバナンスは意見集約・チェック・監査機能の面が強いことを確認。それぞれの経験も参考にしながら、マネジメントとガバナンスのあり方についてディスカッションを行った。

 追手門学院の入職9年目の男性職員は「教育面の企画を担当しており、企画に役立つ知識や理論を身に付けたいと進学した」と話す。また、他大学の入職13年目の男性職員は「知的刺激を求めて進学した。経営やマネジメントの知識を身に付け、自大学に貢献していきたい」と意気込みを語った。

(関連記事)
・追手門学院大学が来年4月、大学院経営・経済研究科を開設 -- 全国初 大学経営に特化した経営分野の学位を設定(2017.08.10)
 https://www.u-presscenter.jp/2017/08/post-37841.html


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る