• トップ
  • リリース
  • 関東学院大学ラグビー部コーチに、ラグビー元日本代表 立川剛士氏が就任 

プレスリリース

  • 記事画像1

関東学院大学ラグビー部コーチに、ラグビー元日本代表 立川剛士氏が就任 

(Digital PR Platform) 2018年04月02日(月)14時05分配信 Digital PR Platform



関東学院大学(本部:横浜市金沢区 学長:規矩大義)ラグビー部のコーチに、卒業生でラグビー日本代表として活躍した立川剛士(たちかわ・ごうし)氏が4月1日付で就任しました。




 立川コーチは、佐賀工業高等学校ラグビー部時代に3年連続で花園へ出場。卒業後は関東学院大学ラグビー部に所属し、入学直後からレギュラーとして活躍しました。3年次には大学選手権初優勝に大きく貢献。翌年には主将を務め、大学選手権連覇を果たしました。大学卒業後は、株式会社東芝への入社と同時に東芝府中ラグビー部(現:東芝ブレイブルーパス)に所属。2003年創設のジャパンラグビートップリーグで最多5回の優勝を誇る東芝の中心選手として長きにわたり活躍し、2016年、39歳で17年間の選手生活を終えました。
 日本代表では1999年23歳で初キャップを取得。以後2011年まで日本代表入りは続き、通算21キャップを取得しました。
 2016年の現役引退後は、ワールドラグビー公認トップコーチの資格取得の傍ら、地元の佐賀県で高校生対象のラグビークリニックや国体の成年佐賀県チームのヘッドコーチを務め、全国大会5位に導くなど短期間で実績を残し、指導者として後進の育成に力を注いでいました。関東学院大学ラグビー部では、トップリーグや日本代表での経験を生かし、主にバックスコーチとして指導します。

【ラグビー部コーチ就任にあたって  立川剛士】
 母校、関東学院大学に帰ってきました。昨年度の成績を受け止め、変化を恐れることなく、強いラグビー部を築きあげます。1シーズンでの1部復帰そして関東学院大学が再び大学ラグビーの覇者となるべく、監督・スタッフ・選手一丸となって真摯にラグビーに向き合います。愛されるラグビー部にします。選手へご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。



【立川剛士 コーチ】
 1976年11月生まれ(41歳)佐賀県出身
 佐賀工業高−関東学院大−東芝ブレイブルーパス
 ポジションはFB(フルバック)
 トップリーグでは3回のMVPと2回のベストフィフティーンに選ばれる。
 日本代表通算キャップ数21


【関東学院大学ラグビー部】
 1959年に同好会として発足。1983年に関東大学ラグビーリーグ戦1部に昇格。以降、2006年までにリーグ戦優勝10回、大学選手権優勝6回を経験。現在は、関東大学ラグビーリーグ戦2部に所属。 
 部員数:143名 部長:中原 功一朗(経営学部教授) 監督:板井良太

▼本件に関する問い合わせ先
関東学院大学広報課
石川祥子
住所:横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049
メール:kouhou@kanto-gakuin.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る