プレスリリース

  • 記事画像1

近畿大学 学長の選任について

(Digital PR Platform) 2018年03月24日(土)14時05分配信 Digital PR Platform



近畿大学および近畿大学短期大学部(大阪府東大阪市)学長 塩崎均の任期が平成30年(2018年)3月31日に満了することに伴い、細井美彦が4月1日付で学長に就任することとなりました。
※塩崎の崎は立つ崎




役職名 :近畿大学学長、近畿大学短期大学部学長
氏  名:細井 美彦(ほそい よしひこ)
就任日 :平成30年(2018年)4月1日(日)
任  期:平成30年(2018年)4月1日
     〜平成33年(2021年)3月31日(3年間)
学  位:農学博士
専門分野:生殖生理学

【細井 美彦プロフィール】
昭和31年(1956年)5月14日生まれ
61歳(平成30年(2018年)3月23日現在)
兵庫県西宮市出身

昭和54年(1979年) 京都大学農学部畜産学科卒業
昭和56年(1981年) 京都大学大学院農学研究科畜産学専攻
            修士課程修了
昭和62年(1987年) 京都大学大学院農学研究科畜産学専攻
            博士後期課程修了
昭和62年(1987年)
〜平成4年(1992年) 京都大学農学部助手
平成5年(1993年)   近畿大学生物理工学研究所講師
平成9年(1997年)   近畿大学生物理工学部助教授
平成14年(2002年) 近畿大学生物理工学部教授
平成22年(2010年) 近畿大学生物理工学部長
           近畿大学先端技術総合研究所長
平成26年(2014年) 近畿大学副学長(現在に至る)
           学校法人近畿大学評議員(現在に至る)

生殖生理学の専門家として、ヒトの生殖補助医療に携わり、胚培養士の養成や希少動物の種の保存に尽力。平成20年(2008年)には絶滅が危惧される天然記念物アマミノクロウサギのクローン胚をつくることに成功。また、本学が選定された21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」における推進メンバーとしてホウレンソウ豚の開発に携わるほか、組織的な大学院教育改革推進プログラムにおいては、高度専門職業人の養成に努めた。
現在では、自己点検・評価委員長として教育の質向上に取り組み、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」において、インターナショナルセンター担当副学長として、ロシアとの相互発展に向けた事業を推進している。

【関連リンク】
生物理工学部遺伝子工学科 教授 細井 美彦(ホソイ ヨシヒコ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/850-hosoi-yoshihiko.html

▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る