• トップ
  • リリース
  • 広報・コミュニケーションの重要性をより多くの学生たちに、プラップジャパン慶應義塾大学で寄附講座「広報・PR論」を本年も開講

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社プラップジャパン

広報・コミュニケーションの重要性をより多くの学生たちに、プラップジャパン慶應義塾大学で寄附講座「広報・PR論」を本年も開講

(Digital PR Platform) 2018年03月22日(木)14時00分配信 Digital PR Platform

広報・PR の支援・コンサルティングを手がける総合PR 会社、株式会社プラップ ジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長 鈴木 勇夫)は、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所での寄附講座「広報・PR 論」を2018 年4 月12 日より開講いたします。
本寄附講座は、メディア・コミュニケーションを研究している、あるいはマス・メディアへの就職を希望する学生がPR・広報の見識を深め、コミュニケーションスキルの向上と同時に就職後の実務に役立つことを目的としており、2010 年4 月からスタートし、今年で8 年目の実施となります。

講師陣には、日頃PR コンサルタントとして従事するプラップ ジャパンの社員をはじめ、新聞社、TV局等のマスコミ関連会社、日本を代表するグローバル企業など、多様な業界からゲストを招聘、広報の魅力を現場の方々が講義します。また、講義のみならず実践で学べるようグループワークも設けています。

これまでの受講生からの評価では、
“広報・PR の知識が無く、広告と同じだと思っていたが、自分の知っている情報の発信源が実は広報によるものだと知り、広報・PR 業務にとても興味を持つようになった”
“海外勤務経験がある方の話を伺い、文化の違いによるコミュニケーションの重要さが分かった”
“第一線で活躍されている方々の生きた講義は、就職活動中の自分にとって大変有意義だった”
等の声が多く寄せられており、日々変化していくコミュニケーション・ビジネスの実践的な講座により、実社会への橋渡しといった役割も担っています。

プラップ ジャパンでは、寄附講座を通しコミュニケーション領域におけるビジネス教育に貢献してまいります。

2018 年應義塾大学プラップ ジャパン寄附講座「広報・PR 論」
期間 : 2018 年4 月〜2019 年3 月
春学期講座内容(一部抜粋)
・ コミュニケーション環境の今
・ 広告と広報の違い
・ 企業広報の現場から
・ PRパーソンの実績ケース
・ 実践・PR ストーリーを作成する

※ 本講座は、慶應義塾大学塾生向けの正式履修科目であり、一般の方の聴講等は一切お受けしておりません。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社プラップ ジャパン 慶應義塾大学寄附講座担当
東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル33階
電話:03-4580-9111 ファックス:03-4580-9100 URL:http://www.prap.co.jp



関連リンク
株式会社プラップジャパン
http://www.prap.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る