• トップ
  • リリース
  • 今年度の酪農学園大学オリジナルワインが完成 -- 大学関係者限定で1,200本を販売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

今年度の酪農学園大学オリジナルワインが完成 -- 大学関係者限定で1,200本を販売

(Digital PR Platform) 2018年02月19日(月)08時05分配信 Digital PR Platform



酪農学園大学(北海道江別市)食と健康学類では、2016年度からワインの試験醸造を行っている。このたび、2017年度のオリジナルワインが完成。1,200本限定で卒業生や親族を含む同大関係者向けに販売する。1本1,620円(税込)。




 酪農学園大学では2016年4月から「酪農学園大学オリジナルワインプロジェクト」を展開。食と健康学類の阿部茂教授、石井智美教授、山口昭弘教授が酒類製造免許を取得し、学内に植栽されていたブドウ苗(キャンベル・アーリ)を利用してオリジナルワインの製造を開始した。
 学生が中心となって剪定や農薬散布などブドウ苗の管理を行い、10月に果実を収穫。北海道ワイン株式会社が委託醸造を行い、昨年は限定1,000本を1カ月で完売した。

 今年度は、越冬から春先の剪定、ブドウ棚設置誘引などを同大酪農学科卒業生である北海道ワイン株式会社の小林千洋次長が指導。昨年度より早い季節から学生らがブドウ苗の管理に関わった。

 今年度のワインラベルには、江別市の歴史的建造物として1989年に都市景観賞を受賞した旧精農寮の写真を採用。旧精農寮は1945年に同大の前身である興農義塾野幌機農学校時代に教員と学生が協力して建設したもの。デンマークの農家を参考にしたといわれており、六角屋根が特徴的な二階建ての重厚なレンガ造りで、一階部分には高温で焼きこんだ珍しい「焼き過ぎレンガ」が用いられている。

 今年度は昨年度より多い1,200本を販売する。教職員や卒業生、親類を含む同大関係者のみの限定発売で、なくなり次第終了となる。概要は下記の通り。

◆酪農学園大学ワイン
【価 格】 1,620円(税込)
【容 量】 720ml
【申 込】
 下記URLより注文用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上FAX
 http://www.rakuno.ac.jp/article-57229.html
 ・FAX: 0134-34-2183(北海道ワイン株式会社)
【出荷日】 3月1日(木)以降
【その他】 限定1,200本(先着順)

●酪農学園大学オリジナルワインプロジェクトFacebook
 https://www.facebook.com/rakuno.wine.project/

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人酪農学園広報室
TEL:011-388-4158
メール:koho@rakuno.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る