• トップ
  • リリース
  • 実践女子大学生の企画によるまちあるきツアーを実施〜高校生が感じた「まちの魅力」を市民に伝えるツアー〜

プレスリリース

実践女子大学生の企画によるまちあるきツアーを実施〜高校生が感じた「まちの魅力」を市民に伝えるツアー〜

(Digital PR Platform) 2018年01月11日(木)20時05分配信 Digital PR Platform



実践女子大学(東京都日野市、学長 城島栄一郎)生活科学部現代生活学科の学生が、日野市が推進する地域づくり活動「アクションプラン」において、学生企画・運営による、まちあるきツアー「二中地区ブランニング!!!」を実施します。




 「アクションプラン」とは、「地域の力で行う地域課題解決」の取り組みで、日野市がすすめる地域コミュニティ施策です。平成28年度から実施され、日野市内八中学校区ごとに、地域住民が地域課題を定め、その解決に向けて共に動き出し、住みやすい地域を創り出すことがねらいです。「二中地区」では「ブラニング!!!」と題して「まちを知る愉快な市民とともに歩くぶらぶらまち歩き」を実施して、地域の魅力を再発見しながら、新旧住民の交流の輪を広げるプランを実行しています。
 実践女子大学生活科学部現代生活学科では、地域自立型社会づくりの教育の一環として、「二中地区」の地域住民の皆様の「アクションプラン」に参画してきました。
 この度の「実践女子大生企画ツアー」では、実践女子大生が制作した「二中地区・ブランニングマップ」を手に、学生目線でのおすすめルートを市民の皆様とともに歩きます。今回のルート設定は、同じ学生達が、昨夏、高校生と一緒に行った「高大連携まちづくり提案」のルートをもとにしています。高校生の「まち」に対する見方を市民の皆さんにフィードバックしながら、まちの活性化につなぐ企画です。

<日野市「二中地区アクションプラン 第4弾!・実践女子大生企画ツアー>
(日時)2018年1月13日(土) ※荒天中止
(集合)10:00豊田駅南口階段下、14:00日野市立カワセミハウス解散
(コース)黒川清流公園など 
(参加者)実践女子大学現代生活学科学生4名、および 市民参加者(人数未定)
(概要)・大学生が選んだ、地域の魅力発見「おすすめスポット」をぶらぶら歩く
    ・「おすすめスポット」では、いくつかの調査法を用いて、地域の見方を深める
    ・振り返りにより、世代の思いを交流させる
問い合わせ先担当者
(1) 実践女子大学 担当:現代生活学科教授 須賀由紀子 
TEL:042-843-1218 FAX:042-843-1286  
 ※取材を希望される場合は、事前に下記問い合わせ先までご連絡ください
(2) 日野市「二中地区」アクションプランと実践女子大学との連携
 日野市企画部地域協働課 担当:熊澤、大村 TEL:042-581-4112
プレスリリースおよび本件の取材に関するお問合せは下記へ--------------
■実践女子学園 企画広報部、広報担当 林、西野
電話(042) 585-8804  E-mail:koho-ml@jissen.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る