• トップ
  • リリース
  • 顕微鏡のライカが 夏休み親子で楽しむ顕微鏡ワークショップを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ライカ マイクロシステムズ株式会社

顕微鏡のライカが 夏休み親子で楽しむ顕微鏡ワークショップを開催

(Digital PR Platform) 2017年07月10日(月)09時32分配信 Digital PR Platform

「大好評の科学教室。最新の顕微鏡に触れて、顕微鏡写真撮影もできる。自由研究・課題に最適」

ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:堀北 大介、東京都新宿区)は、8月8日(水)〜8月9日(木)に親子で楽しむ顕微鏡ワークショップを開催します。
小学生の親子向けに、研究室でも使用されている最新・高性能の顕微鏡で「身近にあるもの」を見て、ミクロの世界や科学の面白さを体験できるワークショップです。
お子様と一緒に、奮ってご参加ください。

 
【ワークショップ内容】 
普段みている何気ない景色の中にも、サイエンスはかくれています。
小さなせかいを、研究室でも使われている最新・高性能の顕微鏡でたくさんのぞいて、あたらしい発見をしましょう。
夏休みの自由研究、課題にも最適です。

【ワークショップ概要】

<開催日>
2017年8月8日(水)〜8月9日(木)
10:00-12:00
14:00-16:00
※両日、2回の内容は同じです。ご都合の良い日と時間帯をお選びください

<対象>小学生の親子

<定員> 親子6組 (1組で兄弟姉妹での参加も可能です)

<場所> ライカマイクロシステムズ(株)  エクスペリエンスラボ
東京都新宿区高田馬場1-29-9
        Tel: 03-6758-5680
http://xlab.leica-microsystems.com/access/

<参加費用> 1組  1,000円 (税込)

<持ち物> 筆記用具
        任意:顕微鏡で観てみたいもの、SDカード(顕微鏡写真を撮影し、お持ち帰りできます)


お申込みはこちらから
http://xlab.leica-microsystems.com/workshop/oyako_201708/


ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。


本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカマイクロシステムズ株式会社 マーケティング部
169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
TEL:03-6758-5680
FAX:03-5155-4336
lmc@leica-microsystems.co.jp

関連リンク
体験型ラボ「エクスペリエンスラボ」
http://xlab.leica-microsystems.com/
親子で楽しむ顕微鏡ワークショップ 申込みサイト
http://xlab.leica-microsystems.com/workshop/oyako_201708/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る