プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

第38回 〜この道ひとすじ〜 日本の伝統展

(Digital PR Platform) 2017年05月23日(火)15時54分配信 Digital PR Platform

磨かれた美を、技が織り成す涼を、夏の暮らしに。

第38回〜この道ひとすじ〜
日本の伝統展
・会 期:5月26日(金)〜31日(水)/※最終日は午後6時閉場
・会 場:日本橋高島屋8階催会場

時代を超えて受け継がれてきた匠の技と、その技が生んだ名品を、実演を交えながら57店舗が披露いたします。
涼やかなひとときをもたらす、夏の暮らしを彩る品々をご紹介いたします。
また、会場内で【お休み処<銘茶 福寿園>】も開設いたします。どうぞおくつろぎください。

【展開商品の一例】

・[江戸風鈴]切子風鈴「金魚」5,940円(税込)
 江戸風鈴の薄く繊細な硝子に、江戸切子の巧みな技で金魚を表現した珍しい一品です。見た目の涼やかさと、かろやかな音色をお楽しみください。                
・[江戸切子]オールドグラス「潮」・「陽」 各108,000円(税込)
 潮の流れを表現した「潮」と、太陽の輝きを彫りこんだ「陽」。伝統ある江戸切子でグラスを傾けるひとときを。  

・[明珍火箸]玉鋼火箸324,000円(税込)、吊り台16,200円(税込)
 千利休の依頼で作られたと言われている火箸を、澄んだ音色を響かせる風鈴にしました。その中でも玉鋼を用いた音色は、美しい余韻を楽しめます。

・[南部古代型染]本建正藍染麻のれん48,600円<現品限り>(税込)
 昔ながらの藍甕発酵建(あいがめはっこうだて)という手法を用いて、本藍で染め上げた麻のれん。風にゆらめく姿が夏らしさを伝えます。
              
・[肥松木工]木杯6,480円、ぐいのみ9,180円、銘々皿(5枚組)<2点限り>48,600円、涼み台486,000円<現品限り>(すべて税込)
 年月を重ねるほどに艶を増す、樹齢300年以上の肥松を中心に使用した木工製品をご紹介します。吹く風を感じながら「夕涼み」を楽しむ、夏のひとときにおススメです。

【お休み処】ラストオーダー午後7時 ※最終日は午後5時まで
・プレミアム冷抹茶(菓子付、1セット)1,404円(税込・各日15点限り)
『日本の伝統展 特別企画品』として、<銘茶 福寿園>の冷抹茶を江戸切子のグラスでご提供いたします。
また、福寿園抹茶ソフトクリーム(1個)500円(税込)も販売いたします。

【お問い合わせ】日本橋高島屋 TEL(03)3211-4111(代表)



関連リンク
日本橋高島屋
https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る