• トップ
  • リリース
  • 「2017年度先端食品セミナー」を開催 -- 東京工科大学応用生物学部

プレスリリース

「2017年度先端食品セミナー」を開催 -- 東京工科大学応用生物学部

(Digital PR Platform) 2017年05月23日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

東京工科大学応用生物学部は8月25日(金)、蒲田キャンパスで「2017年度先端食品セミナー」を開催する(先着200名)。


 東京工科大学応用生物学部では、私たち国民が健康で活動的な生活を送るために、バイオテクノロジーの技術を活用して安全で安心できる食品の開発をめざしている。
 昨年の本セミナーでは加工食品に焦点を当て、製造から販売まで食品の製造加工のあり方について、各分野の専門の先生方に解説していただいた。今回は、機能性表示食品を多面的に考えたいと思う。

※皆様の参加をお待ちしております。

■2017年度先端食品セミナー「機能性表示食品の現状と未来」

【日 時】
 8月25日(金) 13:00〜18:30
 講演会 13:00〜17:00/名刺交換会 17:10〜18:30

【開催場所】
 東京工科大学蒲田キャンパス3号館(東京都大田区西蒲田5-23-22)
 ・講演会: キャンパス3号館
 ・名刺交換会: キャンパス3号館12Fラウンジ

【主 催】 東京工科大学
【協 賛】 日本食糧新聞社
【参加費】 無料
【定 員】 先着200名
【申込締切】 8月18日(金)
【プログラム】
・開催の挨拶
 13:00-13:10 東京工科大学応用生物学部 学部長 梶原 一人
・講演
 13:10-14:10 1.「ホップ苦味成分の機能性研究と食品素材としての開発」
  キリン(株)R&D本部健康技術研究所 主任研究員 形山 幹雄
 14:10-14:50 2.「ローズマリー由来のカルノシン酸の機能性研究」
  東京工科大学応用生物学部 教授 佐藤 拓己
 15:00-15:40 3.「金時草多糖による乳酸菌の抗アレルギー相乗効果」
  東京工科大学応用生物学部 教授 今井 伸二郎
 15:40-16:20 4.「食品から医薬品を創る:ラクトフェリンの場合」
  東京工科大学応用生物学部 教授 佐藤 淳
 16:20-17:00 5.「機能性表示食品の実情と問題点」
  東京工科大学医療保健学部 学部長(元厚生労働省食品安全部長) 梅田 勝
 17:10-18:30 ポスターセッション、名刺交換会

■2017年度先端食品セミナー開催のご案内WEBはこちら
 http://www.teu.ac.jp/afs/index.html

■東京工科大学『先端食品セミナー』の参加申し込みはこちら
 https://www.teu.ac.jp/siryou/AFS/index.html

▼本件に関する問い合わせ先
 東京工科大学 キャリアサポートセンター 担当/佐藤
 〒192-0982 八王子市片倉町1404-1
 TEL: 042-637-2117
 FAX: 042-637-2168

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る