• トップ
  • リリース
  • 「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」に向けて取り組み開始

プレスリリース

  • 記事画像1

「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」に向けて取り組み開始

(Digital PR Platform) 2017年05月17日(水)13時00分配信 Digital PR Platform

開催地12都市を中心に自治体と協働で地域活性化を図ります。

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)とハイネケン・キリン株式会社(社長 マータイン・ファン・クーレン)は2019年9月20日(金)から11月2日(土)に開催されるワールドラグビーが主催する「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」のグローバルでのスポンサー権を持つ、ワールドパートナーとなったハイネケン社(本社オランダ)とともに国内での地域活性化に向けて取り組みを開始します。

 ラグビーワールドカップは、4年に一度行われるラグビーナショナルチーム世界一を決める大会で、2019年日本大会で9回目です。本大会はアジア地区で初めての開催となり、約1ヶ月半に渡る大会は、20ヵ国が参加し48試合を行います。2015年に開催された前回のイングランド大会では、約250万人の観客動員となるなど注目を集めました。
 
 両社のパートナーであるハイネケン社が1995年大会と2003年大会から5回連続して、ラグビーワールドカップのワールドワイドパートナーとなり、日本国内では、キリンビール社とハイネケン・キリン社が開催都市の自治体と協働して大会の支援と地域活性化を図ります。

両社は、世界的なスポーツイベントのパートナーとして、開催12都市や大会出場国の国内キャンプ地を中心に本格的にビールを楽しめるコミュニティと機会を創出します。大会期間中には、世界中のお客様が開催地で交流する場として設置される「ファンゾーン」や大会優勝国に贈られる優勝カップが日本国内を巡る「トロフィーツアー」への支援、ハイネケン商品の売上に応じて大会や開催地に貢献するドネーションを予定しています。

 これらの取り組みを通じて、大会のサポートを行うとともに、ハイネケンブランドの浸透を図ります。


「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」概要
■大会概要
日 時     :2019年9月20日(金)から11月2日(土)
開催地     :全国12都市
札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡県・福岡市、熊本県・熊本市、大分県(自治体名併記は連名での開催)  
主 催     :ワールドラグビー(World Rugby)


■このリリースについてのお問い合わせ先
キリン株式会社 コーポレートコミュニケーション部
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス Tel: 03-6837-7028
【お客様からのお問い合わせ先】
キリン株式会社 キリンビール お客様相談室  フリータ゛イヤル:0120-111-560
【キリンホームページサイト】 http://www.kirin.co.jp 


キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。


本件に関するお問合わせ先
キリン株式会社

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る