• トップ
  • リリース
  • 第15回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展 影山紗和子展「バクルームは地下」開催

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社リクルートホールディングス

第15回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展 影山紗和子展「バクルームは地下」開催

(Digital PR Platform) 2017年05月11日(木)10時00分配信 Digital PR Platform

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( http://rcc.recruit.co.jp/ )」では、2017年5月30日(火)より6月16日(金)の期間、第15回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展として、影山紗和子展「バクルームは地下」を開催します。

――――――――――――――――――――
影山紗和子展「バクルームは地下」について
――――――――――――――――――――
影山紗和子は、1日の物語を40mの絵巻物に表現したイラストレーション「地獄ちっく」で、第15回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。審査員からは、「メディアの枠にとらわれない新たな可能性を持つ」「新鮮で明快でありながら単純ではなく深い作品」と高く評価されました。
影山は、女の子、動物、食べ物、部屋の中などをカラフルな色でポップに描いています。ヴィヴィッドな色をユニークに組み合わせて、紙に一コマずつ静止画を連続して描き、動的、時間的感覚を紙面上に取り込み、まるで映像のようにイラストレーションを展開させます。そこで作りあげられた空想の世界は、空間的な広がりを持ち、楽しく、のびやかに表現されていますが、よく見るとグロテスクな要素も含まれ、重層的なストーリーも読み取れます。
本展では、グランプリ受賞後に描いた新作を含めて、ギャラリー空間全体で展開する作品を展示します。

〔作家挨拶〕
1秒目の自分、2秒目の自分を静止画として定着させ、それらは時間の経過で柔らかく形を変えてゆきます。全ての時間の自分は消えることなく、ひとつひとつが心地よく存在できる空間を作っています。今回は、バクが喰い切れなかった夢の空間。闇にんじん畑、ひみつの食品工場など、さまざまな世界のあらましをお楽しみいただけます。それでは地下室でお待ちしております。

<作家プロフィール>
影山紗和子 Sawako Kageyama
1993年 埼玉県生まれ
2016年 第15回グラフィック「1_WALL」グランプリ
2017年 多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業
現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻在籍


――――――――――――――――――――
開催概要
――――――――――――――――――――
■企画展名第15回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展
影山紗和子展「バクルームは地下」
■会期2017年5月30日(火)〜6月16日(金)
11:00〜19:00  日曜休館 入場無料
■会場ガーディアン・ガーデン
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル地下1階
TEL 03-5568-8818 http://rcc.recruit.co.jp/
■トークイベント 大原大次郎(グラフィックデザイナー)×影山紗和子
日時:2017年6月16日(金)19:10〜20:40 参加無料・要予約(03-5568-8818)
―――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.jp/support/form/
――――――――――――――――――――


関連リンク
ガーディアン・ガーデン
http://rcc.recruit.co.jp/
株式会社リクルートホールディングス
http://www.recruit.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る