• トップ
  • リリース
  • ウインドサーフィンの技術力向上を目的とした センサノード「WindHack」「WindHack Pro」を開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ウインドサーフィンの技術力向上を目的とした センサノード「WindHack」「WindHack Pro」を開発

(Digital PR Platform) 2017年05月10日(水)17時11分配信 Digital PR Platform

日本ウインドサーフィン協会、富士通との実証実験に提供

<要旨>
ロームグループのラピスセミコンダクタ株式会社(以下ラピスセミコンダクタ)は、ウインドサーフィンの技術力向上を目的とした小型センサノード 「WindHack」「WindHack Pro」を開発しました。
「WindHack」「WindHack Pro」はラピスセミコンダクタのIoT リファレンスデザインLazurite(ラズライト)※1 をベースとして加速度・ジャイロ・地磁気・気圧などのセンサやBluetooth(R) LE SubGHz の無線通信、microSD カード、GPS モジュールを搭載したセンサノードであり、位置情報を取得しながらウインドサーフィンのセール、ボード、体の動きをmicroSDカードに記録することができます。
ラピスセミコンダクタは、特定非営利団体活動法人 日本ウインドサーフィン協会(所在地:静岡県御前崎市、理事長:石原智央、以下 日本ウインドサーフィン協会)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)との、IoT によりウインドサーフィン選手のセーリングスキル向上を目的とした実証実験実施(5 月11 日から9 月30 日の約5 カ月間)の合意に基づき、「WindHack」「WindHack Pro」を提供し、実証実験に協力してまいります。

<背景>
近年、情報通信技術、センサ技術、ビックデータ解析などの進化に伴い、モノのインターネット IoT が注目されています。様々な動きのあるモノをセンシングし、その情報を収集・解析・分析することで新たな価値や効果を創造する取り組みが盛んになっています。
一方、ウインドサーフィンは風や海面など自然環境の状態を巧みに操り競技するスポーツで、その練習ではGPS 装置を使い走行状況を確認するトレーニングや動画撮影による指導が行われていますが、セール操作は経験値の要素が非常に多く、セーリングスキル修得や競技技術の向上に向けた科学的な分析も望まれています。今回、センサノードで収集したデータを解析によって分析、可視化よって技術向上の実証実験を進めることとなりました。

<システム概要>
ウインドサーフィンは、ボードに取り付けたセールを操って海面を移動するスポーツです。セールは風を受けて揚力を生み出します。この揚力をボードに取り付けられたダガーボートでボードの横流れを打ち消す抵抗力をつくりだし、推進力を生み出します。ウインドサーフィンでは風を受けたセールが作り出す揚力を最大化し、また効率よく推進力に変えることがスピードアップの重要な要素となります。これを実現するためには、セールの動きに加えて、身体の重心位置、ボードの動きなどを細かく制御する必要があります。

「WindHack」と「WindHack Pro」はこれらセールの展開状況や乗り手の位置、姿勢を可視化することが出来るセンサノードです。「WindHack」は単独のセンサノードで、マストに取り付けることで3軸加速度と3軸ジャイロセンサによってセールの角度を計測し、GPS と3軸地磁気センサによって位置情報や進行方向、時刻情報をmicroSDカードに記録し、後から解析をすることで姿勢情報や方位情報等を算出することが出来ます。また、これらの情報はmicroSDカードに記録するだけでなく、Bluetooth(R) LEにより、リアルタイムに無線で送信することも可能です。
「WindHack Pro」は、2つの子機と親機の3台が連携して動くセンサノードです。ボードや身体に取り付けたセンサノードの情報を920MHz無線によりマストに取り付けたセンサノード(親機)に集めて、「WindHack」と同様にセールの角度や、身体の動き、ボードの傾きとGPS信号の値をmicroSDカードに記録することが出来ます。また、これらの値は920MHz無線によって、リアルタイムに無線データを送信してRaspberry PiやPCなどで可視化することも可能です。

<WindHack / WindHack Proの概要>
1.WindHack
センサノード単独で動作します。1つのセンサノードの情報を独立して保存することが出来ます。また、Bluetooth(R) LEを経由してリアルタイムにスマートフォンにセンサの値を送信することも可能です。
センサ:加速度、ジャイロ、地磁気、気圧、GPS
無 線:Bluetooth(R) LE
メディア:microSDカード

2.WindHack Pro
セール、ボード、人体にそれぞれセンサノードを取り付けて、その内2台がセンサの値を送信。残りの1台がセンサノード兼受信機となり合計3台分のセンサの値を1つのmicroSDカードに記録することが出来ます。
センサ:加速度、ジャイロ、地磁気、気圧、GPS
無 線: 920MHz SubGHz
メディア:microSDカード


<用語説明>
※1:Lazurite(ラズライト)
ラピスセミコンダクタが提供する、誰でも簡単に電子工作やIoTのプロトタイプが作れるマイコンボード・周辺モジュール・開発環境などを含めたリファレンスデザインシリーズ。
詳しくはhttp://www.lapis-semi.com/lazurite-jp
を参照してください。

※2:マイコンボード + Bluetooth(R) LE
Lazurite Basicをベースとして、MK71251-02を搭載した小型マイコンボードです。


<本件に関するお問い合わせ先>
ラピスセミコンダクタ株式会社  ニュースリリース担当
〒222-8575 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-8
電話:(045)476-9212




ロームグループのラピスセミコンダクタは、低消費電力技術、高周波回路技術、デジアナ混載技術、メモリ設計技術などを得意技術とし、これら技術でロジック、メモリ、表示ドライバといったLSI商品を創出しています。また、お客様が設計し当社の工場で製造するファンダリサービスも主軸の一つで、お客様の様々なご要求にお応えします。
「品質第一」を企業目的に掲げ、お客様のニーズを満足する商品を創出し、国内だけでなく世界規模でグローバル社会に貢献しています。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る