• トップ
  • リリース
  • 多様化する福祉・介護車両のニーズに対応。安心・安全な福祉・介護車両専門レンタカー事業を展開

プレスリリース

株式会社バリューアップ

多様化する福祉・介護車両のニーズに対応。安心・安全な福祉・介護車両専門レンタカー事業を展開

(Digital PR Platform) 2017年05月15日(月)10時00分配信 Digital PR Platform

株式会社バリューアップは、一般社団法人 全国総合福祉車両協議会と業務提携。
福祉・介護車両の新しいレンタカー事業を構築し、多様化するニーズに応えてまいります。

レンタカーサービスを提供するITS総研グループの株式会社バリューアップ(神奈川県横浜市、代表取締役:堤 正人)は、福祉車両サービスを手掛ける一般社団法人 全国総合福祉車両協議会(埼玉県さいたま市、代表理事:稲垣 利一)と、2017年3月31日業務提携を締結し、福祉・介護車両専門のレンタカー事業を展開する事になりましたので、ここにお知らせいたします。

■業務提携までの背景
内閣府の調査では身体障がい者の在宅者数(357.6万人)、施設入所者数(8.7万人/高齢者関係施設入所者を含まず)合わせて366.3万人という報告もありますが、さらに、今後少子高齢化や2020年東京オリンピックパラリンピックに向けて、福祉・介護車両や福祉関連施設への需要が高まることが予想されています。
このような背景から、保有している福祉・介護車両の機器整備や車両整備の需要拡大と、同車両のレンタルニーズなと、多様化したニーズに対応する事が必要な状況です。
レンタカー・リース業界においては多様化してきているニーズに対応するため、福祉・介護車両レンタル事業を視野にいれた事業者の声が散見されておりますが、福祉車両の導入や取扱い、機器整備に対応する専門的知識や情報が少なく、運用部分に大きな課題を抱え、事業展開を躊躇している状況でもあります。
株式会社バリューアップと全国総合福祉車両協議会では、こうした問題を抜本的に捉えたビジネスモデルを開発し、地域社会へのニーズ対応と社会貢献を実現するために、福祉・介護車両専門のレンタカー事業を展開してまいります。

■業務提携の目的
レンタカー事業の総合商社として、さまざまなノウハウを保有し日本で初となるセルフレンタカー「24レンタカー」を展開している株式会社バリューアップと、福祉・介護車両の整備ノウハウ・それらに付随する整備士の育成、福祉・介護車両ビジネスモデルを有する、全国総合福祉車両協議会のコラボにより、高齢者や障がい者の方々に安心・安全な福祉車両のレンタカーを提供はもちろんの事、多くの顧客利便性を追求した事業を構築し、多様化する福祉・介護車両のレンタカーニーズに応えてまいります。

【企業情報】
■株式会社バリューアップ
代表者:堤 正人
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3番5号クイーンズタワーC 12階
設立:2014年11月
URL:http://www.v-up.co.jp/

■一般社団法人 全国総合福祉車両協議会
代表理事:稲垣 利一
所在地:埼玉県さいたま市北区宮原町3-294 第1島村ビル201
設立:2009年6月
URL:http://294car.net 
URL:http://yasasiikuruma.com 

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社バリューアップ
担当者名:清水 潔秀
E-mail:ir-info@v-up.co.jp 


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る