• トップ
  • リリース
  • 聖徳大学・聖徳大学短期大学部が5月14日に「ようこそ先輩」を開催 -- 幼稚園、保育所等に就職希望の学生のためのOG交流イベント

プレスリリース

  • 記事画像1

聖徳大学・聖徳大学短期大学部が5月14日に「ようこそ先輩」を開催 -- 幼稚園、保育所等に就職希望の学生のためのOG交流イベント

(Digital PR Platform) 2017年04月29日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

聖徳大学児童学部児童学科と聖徳大学短期大学部保育科(ともに千葉県松戸市)は5月14日(日)に「ようこそ先輩」(幼児教育経験者懇談会)を開催する。これは、幼稚園、保育所等に就職したOGを迎えて行われる交流イベントで、今年で3度目の開催となる。幼児教育関係に就職希望の在学生のキャリア支援につなげるだけでなく、卒業後3〜5年目と新任教員・保育士のOG同士の情報交流の場とし、仕事へのモチベーションを高めることをねらいとしている。


 保育士採用数・幼稚園教員採用数ともに全国1位(2016年大学通信調べ)を誇る聖徳大学・聖徳大学短期大学部では、これまで、68,000人以上の保育士・幼稚園教員を輩出。多くのOGを抱える強みを活かし、OG同士や、OGと在学生との情報交換に力を入れている。

 今年で開催3年目となる「ようこそ先輩」(幼児教育経験者懇談会)は、OGにとっては教育情報を交換し合い、教育現場での悩みや問題解決の糸口を相互に見出す場として、在学生にとっては採用試験対策についての話などを聞くことができる場として好評を得ている。

 第1部は、主に就職4年目の先輩教員・保育士約40名が、今年卒業した新任教員・保育士に向けて、やりがいなどをブース形式で話し、それぞれの経験に基づいてさまざまなアドバイスを送る。OG同士で情報交換をしたり悩みや不安を共有することで互いに励まし合い、仕事へのモチベーションを高めることもねらいとしている。

 第2部では、児童学部4年生と短期大学部保育科第一部2年生・保育科第二部3年生が、卒業後3〜5年目のOGと交流。普段の仕事内容や、仕事に対する喜びややりがいについて話を聞くことができる。現場の生の声を聞くことで、就職活動に活かせるだけでなく、離職率の改善も図っている。

 同大はこのイベントを、小学校教員を対象とした「教職経験者懇談会」と併せてキャリア支援の柱の一つとしたいと考えている。「ようこそ先輩」の概要は下記の通り。

◆「ようこそ先輩」概要
【日 時】
 5月14日(日)
 ・第1部 10:00〜12:00
 ・第2部 13:30〜15:30
【場 所】 聖徳大学7号館7301・7201教室(予定)
【対 象】
 第1部:今年3月に幼児教育関係等に就職した卒業生
 第2部:幼児教育関係等に就職を希望する在学生(児童学部4年生、保育科第一部2年生・第二部3年生)
【主 催】 児童学部児童学科・短期大学部保育科
【共 催】 キャリア支援課

●聖徳大学キャリア支援課ホームページ
 https://career.seitoku.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 聖徳大学 キャリア支援課
 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
 TEL: 047-365-7451、047-365-7458(直通)

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る