• トップ
  • リリース
  • ライカが10年ぶりに実体顕微鏡をリニューアル。特許FusionOptics技術で驚きの立体感。最小限の焦点合わせで、長時間作業も快適に

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ライカ マイクロシステムズ株式会社

ライカが10年ぶりに実体顕微鏡をリニューアル。特許FusionOptics技術で驚きの立体感。最小限の焦点合わせで、長時間作業も快適に

(Digital PR Platform) 2017年04月24日(月)09時31分配信 Digital PR Platform

最小限の焦点合わせで、高解像度の観察を

ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:堀北 大介、東京都新宿区)は、グリノータイプの実体顕微鏡としてS9シリーズを新たにリリースしました。

驚きの立体感。スペックがすごいだけじゃない。
「もっと見えて、疲れない」

ライカハイエンドM205 C実体顕微鏡に搭載、実績あるライカ特許技術FusionOpticsをグリノータイプにも搭載。
アポクロマート補正レンズに9倍ズーム。
焦点深度は従来のS6 Eの約3倍に増加。作業スペースも122mmと広く、視野も広くなりました。

見えがよくなり、立体情報もあり、今までの拡大観察で得られていた情報よりもっと知ることができます。
ピント合わせも頻繁に実施する必要がなく、疲れません。

ニーズに合わせて3タイプから最適なモデルを選択いただけます。

S9 E(観察のみ): 182,000円(税抜)
S9 D(カメラポート付): 206,000円(税抜)
S9 i(1000万画素カメラ内蔵): 450,000円(税抜)
※照明なし、基本モデル

品質検査、組立作業、ライフサイエンス研究でのスクリーニング、解剖、マイクロインジェクションなど、
あらゆる拡大観察、作業に最適なモデル。ぜひ実機ご評価ください。

ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。


本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカマイクロシステムズ株式会社 マーケティング部
169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
TEL:03-6758-5680
FAX:03-5155-4336
lmc@leica-microsystems.co.jp

関連リンク
S9シリーズカタログ
http://www2.leica-microsystems.com/s9_brochure

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る