プレスリリース

  • 記事画像1

新宿高島屋 ARTWALKアートウォーク〜美術画廊10周年記念〜

(Digital PR Platform) 2017年04月17日(月)19時45分配信 Digital PR Platform

今春、新宿高島屋美術画廊が開廊より10周年を迎えます。これを記念して美術画廊では総勢50名のアーティストによるグループ展、また、この2週間は「新宿高島屋ARTWALK」と総称し、館内各フロアでアート巡りを楽しめる空間として、気鋭の若手アーティスト達の作品を展示しています。

2017年4月
新宿高島屋美術画廊10周年記念
「新宿高島屋 ARTWALK」

■会期:2017年4月12日(水)→ 4月25日(火)
■場所:新宿高島屋 館内各所(会期が異なる展示もございます)
■開場時間:連日午前10時〜午後8時まで(金・土は午後8時30分まで)

このたび2017年4月19日で新宿高島屋美術画廊が開廊より10周年を迎えます。
これを記念し、10階の美術画廊ではこれまでお世話になった、または今後、展示を予定している方々、総勢50名のアーティストによるグループ展「新宿高島屋美術画廊10周年記念〜そして広がる〜」を企画、また同じ期間中、画廊を飛び出し新宿高島屋館内の十数カ所でアート作品を展示、LIVE PAINTING(公開制作)が行われるなど、大々的なイベントも企画いたしました。
『新宿高島屋ARTWALK』と総称し、4月12日(水)から25日(火)の2週間は、新宿高島屋自体を美術館のように見立て、館内で“アート巡り”を楽しめる空間として、気鋭の若手アーティスト達の作品で彩ります。

(C)YUSUKE HANAI
※メインビジュアル/イラストレーター・花井祐介氏による
※こちらの画像を使用の際は必ずクレジットを入れてください→(C)YUSUKE HANAI

新宿高島屋 03-5361-1111(代表)

新宿高島屋アートウオーク01
「澁谷忠臣×SUBARU」

■会期:2017年4月15日(土)・16日(日)
■場所:1階JR口特設会場 ※各日午前11時から

5月24日(水)に発売する新型SUV「SUBARU XV」の
プロモーション企画。都会の人にアウトドアスポーツなどアクティブなスタイルを提案する新車のイメージを、サーフボードをキャンバスに、NIKEやGIVENCHYなど様々な企業とコラボレーションアートを展開している澁谷忠臣がDJの音に合わせてライブペインティング。

新宿高島屋アートウオーク02
「kanegooon×エントランス」

■場所:1階JR口エントランス

様々なミュージシャンへ作画提供しているkanegooonが、
1階エントランスのガラス面にぺイント。
植物を主体に華やかにガラス面をアレンジする。

※過去制作したペイント例

新宿高島屋アートウオーク03
「大畑伸太郎×新宿高島屋ショーウインドー」

■場所:2階JR口ショーウインドー

まるで物語から登場人物が飛び出てきたような、
独特な世界観を平面と立体で表現。
国内のみならず海外での出品も多く、注目を集める
若手作家・大畑伸太郎の大作を特別展示。     
※展示作品画像(平面サイズ130×260cm)
courtesy of the artist and Yukari Art

新宿高島屋アートウオーク04
「山田耕太郎×2階ウエルカムゾーン」

■場所:2階ウエルカムゾーン

同会期に10階美術画廊でも出展している彫刻家・
山田耕太郎による展示インスタレーション。
金属や陶など様々な素材を組み合わせ作品を制作、
若手でも注目の彫刻家。              

出展作品はゴミとして捨てられるものたちを型取り
し、ブロンズにした作品。                ※出展作品(ブロンズ)
「モノの価値を再考する」というコンセプトのもと作成された。

新宿高島屋アートウオーク05
武蔵野美術大学×新宿高島屋美術画廊「MUSAVIVA」

■場所:4階各所=婦人服 スタイル&エディット、ジュン アシダ 前 ほか数カ所

【出展作家】

北嶋 勇佑    田中 彰     日比谷 泰一郎   
福岡 しの野   藤田 有紀    宮本 万智 

4階を武蔵野美術大学とコラボレーション。武蔵野美術大学の日本画学科および、油絵学科版画専攻を卒業後、ジャンルにとらわれずに自由な発想と表現で活動している6名のアーティストたちが、新宿高島屋4階のフロア各所に様々な作品を展開し、華やかで楽しい空間へと彩ります。

新宿高島屋アートウオーク06
「赤摩千穂×紳士靴売場」

■場所:6階 紳士靴売場前
 
多摩美術大学美術学部デザイン科染織デザイン専攻を卒業後、
靴職人の元で靴づくりを学ぶ。木型より靴を成形し、糸を染め   
上げ、機を織る。すべての工程を作家自らの手により生み出さ    ※出展作品
れたテキスタイルは、虫や魚、花やケーキなどさまざまなカタ
チに姿を変え見るものを魅了します。現代の様々な事象を靴に反映させ、見たこともない姿に生まれ変わらせた作品は、我々に何を問いかけてくるでしょうか。

新宿高島屋アートウオーク08
たかはしじゅんいち 「NIPPON-JIN PROJECT」

■場所:8階 ウェルビーフィールド〈ウェルビーパーク〉

東京、ニューヨークなど国内外問わずグローバルに活躍する
フォトグラファー。近年、中田英寿氏の「REVALUE NIPPON
PROJECT」のカメラマンやアスリートの撮影、伝統工芸や能面
など、人と日本をテーマに撮影に取り組んでいる。
また、自身のライフワークとしての『NIPPON-JIN PROJECT』
では市井の日本人を撮り続け、この3月で1,000人を達成した。

新宿高島屋アートウオーク09
「富田菜摘×Columbia」

■会期:2017年4月19日(水)〜
■場所:9階 中央エスカレーター前

身近な廃材を用いて動物などの作品を制作。役割を終えた廃材が組み合わさり、新しく生まれ変わった動物たちは、愛らしい表情で観るものを魅了する。
Columbiaの展開するVP案をもとに両者がコラボレー
ション。
アウトドアウエアブランドのColumbiaの商品と共に独特な
世界観を作り出します。

新宿高島屋アートウオーク10
「柏原晋平×スケートボード」

■会期:2017年4月12日(水)→18日(火)
■場所:10階 中央エスカレーター前

スケートボードを9点つなげ一つの絵をして作品を
制作。
※9点全体で一つの作品にもなり、単独でも作品と
なりうる図柄。
本能寺龍雲院に襖絵を奉納、中村獅堂や早乙女太一の
舞台美術や様々なミュージシャンとのライブペイント
など、活動は多岐にわたる。

新宿高島屋アートウオーク11
「十花のしつらえ」Installation of 10 flowers

■会期:2017年4月13日(木)〜
■場所:11階 呉服サロン内 茶室「桐庵」

【出展依頼作家】=白白庵ディレクター・
石橋圭吾氏セレクトによる。

白石 雪妃(書)   かのうたかお(陶芸) 
津田 友子(陶芸)  新見 麻紗子(陶芸) 
田村 一(陶芸)   小孫 哲太郎(陶芸)         ※白石雪妃作品
吉田 延泰(ガラス) 角居 康宏(金工)          
薦田 梓(日本画)  寺田 鉄平(陶芸)

新宿高島屋アートウオーク12
「福井江太郎×千總」

■場所:2階ウエルカムゾーン&11階 呉服サロン

新しい日本画の担い手として注目を集める画家・福井
江太郎氏と、460年もの歴史の中で洗練された意匠美と
高度な染織技術の粋を集めた「千總」のきものがコラ
ボレーション。直筆ならではの優美さ、迫力の手描き
友禅をぜひ、お楽しみください。





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る