• トップ
  • リリース
  • 学びを通じて橿原市の魅力を世界に発信へ -- 追手門学院大学が奈良県橿原市と観光、教育で連携協定

プレスリリース

学びを通じて橿原市の魅力を世界に発信へ -- 追手門学院大学が奈良県橿原市と観光、教育で連携協定

(Digital PR Platform) 2017年04月15日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

追手門学院大学(大阪府茨木市:学長 川原俊明)と奈良県橿原市(市長 森下豊)はこのたび、橿原市への外国人観光客の誘致をキーワードに、観光、教育、歴史、文化の分野において協力する連携協定を締結。橿原市の豊かな歴史・文化遺産をテーマに、日本人学生と外国人留学生によるフィールドワークを行い、外国人観光客の誘致に向けた取り組みを橿原市に提言することを目指す。


【ポイント】
○追手門学院大学と奈良県橿原市が外国人観光客誘致をキーワードに観光、教育等で連携協定
○日本人学生と外国人留学生によるフィールドワークを正規科目として橿原市で実施
○同様の連携協定は追手門学院大学では2例目。橿原市が大学と協定を結ぶのは5例目

 追手門学院大学は今年4月に、国際教養学部アジア学科を関西初となる「国際日本学科」に名称変更し、来年(2018)4月の入学生からは新カリキュラムを開始。日本の歴史文化を深く知った上で、他国の人々と積極的に対話できる人材の育成に努めている。
 一方、橿原市は日本初の本格的な都城である藤原京跡や、中世の町並みが残る今井町など、豊富な歴史文化遺産を背景に外国人観光客の誘致に取り組んでいる。こうした中、同大と橿原市両者の思いが重なり合い、連携協定の運びとなった。

 追手門学院大学が観光振興にかかる同様の連携協定を結ぶのは京都府宇治市に次いで2例目で、橿原市が大学と連携協定を結ぶのは、海外を含め5例目。

※下記のとおり締結式を執り行い今後の展開を説明したく、報道関係の皆様におかれましてはぜひ取材くださいますようよろしくお願いいたします。

1.日 時: 2017年4月18日(火)  14:00〜14:30
2.会 場: 橿原市役所 3階 第2会議室
3.調印者:
   橿原市長 森下 豊(もりした ゆたか)
   追手門学院大学長 川原 俊明(かわはら としあき)
4.当日次第:
・橿原市長あいさつ
・追手門学院大学長あいさつ
・協定書へ署名
・追手門学院大学副学長による趣旨および今後の展開の説明

▼本件に関する問い合わせ先
 追手門学院 広報課 谷ノ内・足立
 TEL: 072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る