• トップ
  • リリース
  • 京王プラザホテル フィーチャー100 〜おもてなしの裏側にある、ちょっといい話〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社京王プラザホテル

京王プラザホテル フィーチャー100 〜おもてなしの裏側にある、ちょっといい話〜

(Digital PR Platform) 2017年04月14日(金)10時00分配信 Digital PR Platform

京王プラザホテル(東京:西新宿)は、2021年に開業50周年を迎えます。そこで、世界各国からお客様をお迎えし、心に寄り添うサービスを提供するホテルとして私たちのおもてなしに秘められたエピソードを100回シリーズでお届けしてまいります。

■VOL.1 窓にこめられた、おもてなしへの思い
1971年、日本初の超高層ホテルとして 新宿新都心に誕生した京王プラザホテル。眺望が最大のおもてなしだった当時、京王プラザホテルの窓はある特別な思いをもって作られました。すべての部屋に明るい太陽があるようにと設計された膝高の広い窓。この「1部屋1太陽設計」がもたらす開放感と窓辺の憩いを私たちは大切にしてきました。そのおもてなしの思いは今も、客室にラウンジに、確かに息づいています。最上階にリニューアルオープンしたスカイラウンジ〈オーロラ〉の窓越しに広がるのは、地上160メートルから東京を一望するダイナミックなパノラマ。昼から夜へ、刻々と移り変わるドラマチックな都心の景観を、お食事やカクテルとともにぜひお楽しみください。

■VOL.2 East meets West
世界で数多くのラグジュアリーホテルを手がける英国GAデザインインターナショナルが空間デザインを担当した、最上級クラブフロア「プレミアグラン」。その品の良い現代的デザインにはEast meets West(東西の融合)のテーマが息づいています。たとえば、日本庭園をイメージしたクラブラウンジでは木を多用したぬくもりのある空間に庭石に見立てたグレー基調のソファを配置し洗練された落ち着きを演出。さらに、日本の伝統工芸作家にアートワークを依頼し癒しと和みの空間をつくりあげました。こうして、「和と洋」、「伝統と現代」が握手する独自の世界観が広がるフロアが誕生したのです。


■本件に関するお問合わせ先
株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 大塚 智生・石川 綾子 ・ 佐藤 亜紀
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
http://www.keioplaza.co.jp

■関連リンク
http://www.keioplaza.co.jp/feature100/



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る