• トップ
  • リリース
  • 大阪産業大学が一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーションとパートナーシップ協定を締結 -- 学生に多様な留学機会を提供

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

大阪産業大学が一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーションとパートナーシップ協定を締結 -- 学生に多様な留学機会を提供

(Digital PR Platform) 2017年04月06日(木)08時05分配信 Digital PR Platform

大阪産業大学はこのたび、一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(以下、JSAF)とパートナーシップ協定を締結した。これは、同大の学生に多様な留学機会を提供し、国際的な視野をもって活躍できる人材を育成するもの。これに伴い、3月29日には調印式を実施した。


 JSAFは、海外の大学等への派遣事業や留学コンサルタント業務などを主要な事業内容としており、世界12カ国100大学以上へ留学生を派遣している。留学を希望する学生により多くの機会を提供するべく「JSAFパートナーシップ制度」を設けており、パートナーシップ協定を結んだ大学と、共同の学部留学プログラムの運営や大学内の留学プログラムの構築などを行っている。

 大阪産業大学は、今年度の国際学部新設を機に、JSAFとパートナーシップ協定を締結。学生に多様な留学機会を提供し、国際的な視野をもって活躍できる人材の育成を推進していく。同大では、国際学部だけでなく、すべての学部の学生がJSAFのプログラムを利用して、海外留学を体験し、実践的な言語能力と豊かな国際センスを研いてもらうことを期待している。
 また協定にもとづき、梅田サテライトキャンパスが年2回、JSAFの実施する英語能力試験IELTS(International English Language Testing System)の会場となる予定。IELTSは、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカなどの英語圏大学への留学などに採用されており、全世界の受験者数は年間270万人、日本でも2014年に3万人を突破した。

 3月29日の調印式には、JSAFから森山真二代表理事、吉岡大輔プログラム・ディレクターが来学。同大からは、中村康範学長、大槻伸吾副学長、藤永壮国際学部長などが出席し、和やかな雰囲気のうちに執り行われた。

●一般財団法人JSAF パートナーシップ制度
 http://www.japanstudyabroad.org/?p=2283#f  
●大阪産業大学 国際学部
 http://www.osaka-sandai.ac.jp/fc/in/  

▼本件に関する問い合わせ先
 大阪産業大学 教育研究推進センター 教学推進課
 〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
 TEL: 072-875-3001
 FAX: 072-871-1267

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る