• トップ
  • リリース
  • 東京経済大学の「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」が、東京都選定歴史的建造物に選定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

東京経済大学の「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」が、東京都選定歴史的建造物に選定

(Digital PR Platform) 2017年03月30日(木)08時05分配信 Digital PR Platform

東京経済大学国分寺キャンパス内にある「大倉喜八郎 進一層館(しんいっそうかん)Forward Hall」が、2017年3月23日(木)に、東京都選定歴史的建造物に選定された。


 東京都選定歴史的建造物は、歴史的な価値を有する建造物(歴史的建造物)のうち、景観上重要であるとして東京都景観条例第22条に基づき、東京都景観審議会の答申と所有者の同意を得て東京都知事が選定するもので、現在89件が選定されている。

 「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」は、1968年から2014年までの長年にわたって「図書館」として学生や教職員、卒業生それに地域住民などに親しまれていた。天井までの高さが4メートルもありながら、柱が1本もない斬新な空間を演出している点などが評価され、大学図書館として初めて日本建築学会賞を受賞し、のちの大学図書館業界に影響を与えた。

 2014年の新図書館完成にともない、旧図書館となった本館をリニューアルしたのが「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」である。
 「進一層(しんいっそう)」とは「困難に出合ってもひるまずに、なお一層前に進む」という、現代の「チャレンジ精神」に近い意味である。東京経済大学の前身・大倉商業学校の創立者である大倉喜八郎が使用していた言葉で、東京経済大学の建学の精神となっている。

 現在、「大倉喜八郎 進一層館(Forward Hall)」は、旧図書館から受け継いだ空間を生かしつつ、約320名収容できる多目的ホールや史料展示コーナー、校友センター、キャリア・サポートコース事務室などが配置され、学生をはじめ多くの大学関係者に活用されている。
 2015年度には、公益財団法人日本産業デザイン振興会主催のグッドデザイン賞を受賞している。

▼本件に関する問い合わせ先
 東京経済大学 広報課(担当:山口)
 〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
 電話: 042-328-7724
 Mail: pr@s.tku.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る