• トップ
  • リリース
  • 「モノの進化」と「情報の進化」をむすびつけ、新たなテクノロジーをうみだす京都産業大学「情報理工学部」の誕生

プレスリリース

「モノの進化」と「情報の進化」をむすびつけ、新たなテクノロジーをうみだす京都産業大学「情報理工学部」の誕生

(Digital PR Platform) 2017年03月18日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

京都産業大学は、学問領域を大くくり化し、多様化する技術に対応する10コースを設けて、さまざまな領域を組み合わせた融合的な教育を柔軟に行う「情報理工学部」※を2018年4月に新設する(※設置申請予定:内容は予定であり、変更が生じる場合があります)。


 京都産業大学は、社会のニーズに対応する人材育成のための教育改革として、既設のコンピュータ理工学部を発展的に改編し、2018年4月に「情報理工学部」を新たに設置する予定。
 「情報理工学部」では、特徴および需要のある分野・領域毎に重要な科目群を提示し、それを次の10コースとして設定する。学生は自らコースを選択し、複数のコースを履修することで進路の可能性を拡げる。

 ネットワークシステムコース/情報セキュリティコース/データサイエンスコース/ロボットインタラクションコース/コンピュータ基盤設計コース/組込みシステムコース/デジタルファブリケーションコース/脳科学コース/メディア処理技術コース/情報システムコース

 「情報理工学部」の入学定員は160名、学科は情報理工学科だけの単一学科構成。細分化した学問領域に特化した人材育成ではなく、複数の履修コースを設けてさまざまな領域を組み合わせた融合的な教育を柔軟に行うことで、社会の多様なニーズに対応する人材を育成する。
 この改革に伴い、コンピュータ理工学部は2018年4月から募集を停止する。
 『創造』を目指す「情報理工学部」では「モノづくり」の学びを実践するためのファブ・スペースを新設し、3Dプリンタやレーザーカッターなどの設備を増強するほか、「デジタルファブリケーション」の学びを初めて導入、「デザイン」の知識を習得するための科目も新たに開講する予定。

 詳細については、3月26日(日)開催のオープンキャンパスにて説明するので、ぜひご来場いただきたい。

  むすんで、うみだす。 上賀茂・神山 京都産業大学

<リンク>
■情報理工学部特設サイト  http://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/bse/index.html
■オープンキャンパス    http://sgc.kyoto-su.ac.jp/event/oc/2017/mar.html

▼本件に関する問い合わせ先
 京都産業大学 広報部
 TEL: 075-705-1411
 FAX: 075-705-1987 
 Email: kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る