• トップ
  • リリース
  • 株式会社オーティーエム(学校法人追手門学院100%出資事業会社)が茨木市にロボットプログラミング教室「プログラボ」を開設 -- ロボット教育事業を開始

プレスリリース

株式会社オーティーエム(学校法人追手門学院100%出資事業会社)が茨木市にロボットプログラミング教室「プログラボ」を開設 -- ロボット教育事業を開始

(Digital PR Platform) 2017年03月11日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

学校法人追手門学院(大阪市中央区 理事長:川原俊明)が100%出資する事業会社、株式会社オーティーエム(大阪府茨木市 社長:坊良孝)は、「プログラボ教育事業運営委員会」(大阪市福島区 代表者:藤原崇起)が運営する子供向けのロボットプログラミング教室「プログラボ」のフランチャイズ1号教室を大阪府茨木市に開設する。4月の開設に先立ち、3月11日(土)から無料体験会を実施する。


 同学院が出資する株式会社オーティーエムはこのたび、より大勢の子ども達にロボットおよびプログラミングの魅力を伝えていくことを目的に、子供向けロボットプログラミング教室「プログラボ」のフランチャイズ教室を開設する。
 「プログラボ」は、阪神電気鉄道株式会社、讀賣テレビ放送株式会社、株式会社エイデックで構成する「プログラボ教育事業運営委員会」が運営する子供向けのロボットプログラミング教室。ロボットプログラミングを通して、問題解決力や好奇心、最後までやり抜く力などを育むことを目指す。

 学校法人追手門学院は、追手門学院大手前中学校・高等学校(大阪市中央区 校長:木内淳詞)において、2020年度から必修化されるプログラミング教育を先取りするかたちで、ロボット教育に取り組んでおり、担当教員の福田哲也教頭は「プログラボ」の監修も務める。
 同校では総合学習の時間に「ロボットサイエンス講座」を、クラブ活動にも「ロボットサイエンス部」を設け、プログラムで制御するレゴブロックで作ったロボットを操ることを通じて、筋道立てて考える力や物事を深く考える力などを育成。また、ロボットサイエンス部は日本代表として3年連続で国際大会(WRO)に出場している。

 このたび、開設に先立ち、3月11日からの土・日・祝日に無料体験会を開催する。なお、茨木校の概要は以下の通り。

◆プログラボ茨木校 概要
【開 設】 2017年4月(2017年3月11日からの土・日・祝に無料体験会を開催)
【住 所】 大阪府茨木市永代町4-202 Socio-2 2 階(阪急茨木市駅直結)
【対 象】 就学前〜中学生(有料)
【備 品】 パソコン20台、タブレット20台、ロボット30台
【内 容】 レゴブロックを用いてモーターや各種センサーを使ってロボットを組み立て、専用ソフトでプログラミングを行って制御する。
【運 営】 
 株式会社オーティーエム
 電話: 072-641-7700
 http://www.otm-otemon.jp/

●プログラボ
http://www.proglab.education/

▼本件に関する問い合わせ先
 追手門学院 広報課 坂倉・谷ノ内
 TEL: 072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る