• トップ
  • リリース
  • フィンランド オウル市でゲーム開発イベント「Oulu 3D Sensor Game Jam 2017 」開催

プレスリリース

  • 記事画像1

フィンランド オウル市でゲーム開発イベント「Oulu 3D Sensor Game Jam 2017 」開催

(Digital PR Platform) 2017年03月10日(金)16時46分配信 Digital PR Platform

2017年3月21日〜23日の3日間に渡り、フィンランド オウル市においてゲーム開発イベント「Oulu 3D Sensor Game Jam 2017」を開催します。

2017年3月21日〜23日の3日間に渡り、フィンランド オウル市においてゲーム開発イベント「Oulu 3D Sensor Game Jam 2017」を開催します。

ゲームジャム(Game Jam)とは、ゲームクリエイターが集まり短時間でゲームを制作するイベントのことで、今回のイベントではロームが提供する加速度センサ、ジャイロセンサ、地磁気センサ、気圧センサなど、三次元的に人体、物体の動きを検出する3Dセンサを活用したゲームを48時間以内に作り上げることが目標です。

地元フィンランド オウル市のオウル応用科学大学(Oulu University Applied of Science)の各研究プロジェクトのメンバーを中心にゲームデザインやプログラミングに優れた人々によって構成された各チームは、48時間という定められた時間の中でその想像力、自己表現力、プログラミング力を競い合います。
また、オウル市と古くから友好関係にある仙台市では、本イベントに先立ち2017年2月19日にゲームアプリコンテスト「DA・TE・APPS2017」http://dateapps.strikingly.com/ を開催。同コンテスト優勝チームが招待チームとして本イベントに参加します。

ゲームジャムで制作されたゲームやその基礎となるアイデア・技術が、アミューズメント分野のみならず、教育、訓練、ヘルスケア、メンタルケアなど、多くの目的に応用され、やがては様々な社会課題の解決に貢献していくことを期待します。


━━━━━━━━━━━━≪ 開 催 概 要 ≫━━━━━━━━━━━━

◆「Oulu 3D Sensor Game Jam 2017」 (オウル3Dセンサゲームジャム2017)
https://www.facebook.com/events/344683689265944/

会 期: 2017年3月21日(火)〜23日(木)
会 場: Oulu Game Lab (フィンランド オウル市)
主 催: Oulu 3D Sensor Game Jam 実行委員会
委 員: 
実行委員長ローム株式会社 フィンランドソフトウェア開発センター 岡田幸紀
実行委員Oulu University of Applied Sciences, Blair Stevenson
Oulu Game Lab, Anna Salomaa
BusinessOulu, Takako Uchida
特別協力: ローム株式会社、Kionix, Inc.
協 力  : 
Fingersoft
https://www.facebook.com/Fingersoft/?fref=ts
Kaamos Games
https://www.facebook.com/kaamosgames/
Mekiwi
https://www.facebook.com/mekiwiofficial/?fref=ts
仙台市
https://www.facebook.com/sendaipr
公益財団法人 仙台市産業振興事業団
https://www.facebook.com/SENDAISangyo/?fref=ts
Global Lab Sendai
https://www.facebook.com/globallabsendai/?fref=ts
Nordic Semiconductor ASA
https://www.facebook.com/nordicsemiconductor/?fref=ts
iProtoXi
https://www.facebook.com/iprotoxi/
SQOOL
https://sqool.co.jp/


<フィンランドソフトウェア開発センター 概要>

成長戦略の一つに掲げるセンサソリューション事業における設計・開発サポート機能の拡充を図るため、2014年11月にフィンランド オウル市に開設したソフトウェア開発センター。
ロームでは、動きの変化を検出するモーションセンシングデバイスから、周辺環境を測定するフィールドセンシングデバイスまで、幅広いセンサラインアップを保有しており、グループ会社のラピスセミコンダクタやKionix社とのシナジーにより、デバイス単体だけでなく、センサを制御するマイクロコントローラや、各種アルゴリズム、ドライバソフトウェアなど、お客様のセットにあった最適なソリューションを提供している。
同センターは、経験豊富なソフトウェアエンジニアが揃うフィンランド オウル市に開設し、ロームグループのセンシングソリューション拡充の重要な役割を担うソフトウェア開発や顧客サポートを実施するほか、各種センサのアルゴリズム開発などを行っている。



ロームは、1958年(昭和33年)設立の半導体・電子部品メーカーです。自動車・産業機器のほか、民生・通信など多様な市場に対し、品質と信頼性に優れたLSIやディスクリート、電子部品を供給するとともに、システム全体を最適化するソリューション提案を行っています。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る