• トップ
  • リリース
  • 東京都市大学総合研究所が3月27日に「未来都市研究機構キックオフシンポジウム 〜持続可能で魅力的な成熟都市の形成を目指して〜」を開催

プレスリリース

東京都市大学総合研究所が3月27日に「未来都市研究機構キックオフシンポジウム 〜持続可能で魅力的な成熟都市の形成を目指して〜」を開催

(Digital PR Platform) 2017年03月10日(金)08時05分配信 Digital PR Platform

東京都市大学(学長:三木千壽)は3月27日(月)、世田谷キャンパス(東京都世田谷区)で「未来都市研究機構キックオフシンポジウム 〜持続可能で魅力的な成熟都市の形成を目指して〜」を開催。都市研究に関する講演や、同機構が進める研究テーマについて解説を行う。参加費無料、要申し込み。


 東京都市大学は、2016年7月に未来都市研究機構を総合研究所内に設置した。これは、東京圏を対象に「エイジングシティ問題」といわれる、人だけでなく、都市のハードとソフトの高齢化に起因する諸課題に関する全学的な学際研究を推進することを目的としたもの。持続可能で魅力的な成熟都市の形成を目指して、国際競争力の維持・発展のみならず居住者の生活の質の向上に寄与するための技術と制度を、総合的に開発する一連の研究を実施している。

 このたび、それらの研究のキックオフシンポジウムを企画。概要は以下の通り。

◆未来都市研究機構キックオフシンポジウム 〜持続可能で魅力的な成熟都市の形成を目指して〜
【日 時】 3月27日(月) 12:30受付開始  13:00 シンポジウム開始
【会 場】 東京都市大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区 玉堤 1-28-1)2号館1階 21C 教室 
 https://www.tcu.ac.jp/access/#m01
 東急大井町線 尾山台駅下車 (徒歩12分)

【スケジュール】
13:00 シンポジウムの主旨
 学長 三木千壽
13:10 特別講演「都市研究の今後の方向性」 
 特別教授 涌井史郎
13:40 未来都市研究機構が目指すもの 
 機構長 宮本和明
14:00 エイジングインフラマネジメント(老朽インフラの点検およびマネジメント) 
 総合研究所助教 関屋英彦
14:25 グリーンインフラマネジメント(グリーンインフラの整備およびマネジメント) 
 総合研究所教授 飯島健太郎
(休憩)
15:10 シニアライフマーケッティング(ビッグデータに基づく都市活動の将来予測) 
 工学部准教授 今井龍一
15:35 デイリーライフサポート(買い物困難者等の生活支援システム) 
 都市活学部准教授 西山敏樹
16:00 ヘルスケアサポート(ICT を活用したヘルスケシステム) 
 知識工学部教授 柴田随道
16:25 全体討論
17:00 閉会
17:30 意見交換会

▼本件に関するお問合せ先・参加申込ご連絡先
 下記アドレスにご所属、お名前をご記名の上ご連絡ください(参加費無料)。
 定員に達した場合は、事前に申し込みをいただいた方の優先入場とさせていただきます。
 東京都市大学 未来都市研究機構 事務局
 E-mail: miraitoshi@tcu.ac.jp

▼本件取材に関する問い合わせ先
 東京都市大学 企画室(広報戦略)
 TEL: 03-5707-0104(代)
 E-mail: kouhou@tcu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る