プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

「CeBIT 2017」 初出展のご案内

(Digital PR Platform) 2017年03月09日(木)16時20分配信 Digital PR Platform

ローム株式会社(本社:京都市)は、2017年3月20日(月)〜24日(金)にドイツ・ハノーバーで開催される国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」に初出展します。
CeBITは、IoT、ビッグデータ、AI、ロボット等の最先端技術を活用した世界最大級のB to Bソリューション展示会で、今回、日本が初めてパートナーカントリーとして選ばれました。日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催し、形成するジャパン・パビリオンには、産官学から118社・団体が参加します。
ロームは、ジャパン・パビリオンのエレメントゾーンに出展し、IoT実現のキーデバイスとなるセンサや無線通信技術のほか、業界をリードするSiCパワーデバイスなど、最先端の半導体ソリューションを紹介します。

■主な出展製品
・SiCパワーデバイス(Formula ‐ Eインバータ)
・マシンヘルスモニタリング
加速度センサ、カラーセンサ、気圧センサ、
無線通信IC /モジュール、マイコンボード
・ワイヤレス給電送受信用制御IC
・USB Type-C and USB PD コントローラIC

■「CeBIT 2017」開催概要
日時: 2017年3月20日(月)〜24日(金)9:00〜18:00
会場: ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
出展ホール: ジャパン・パビリオン内 エレメントゾーン ホール4 / ブースNo. A38-3

ロームは、1958年(昭和33年)設立の半導体・電子部品メーカーです。自動車・産業機器のほか、民生・通信など多様な市場に対し、品質と信頼性に優れたLSIやディスクリート、電子部品を供給するとともに、システム全体を最適化するソリューション提案を行っています。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る