• トップ
  • リリース
  • 聖徳大学生涯研究所が3月13日に「子育ち・子育てバリアフリー教室」を開催 -- 子育てにやさしいまちづくりを目指して

プレスリリース

聖徳大学生涯研究所が3月13日に「子育ち・子育てバリアフリー教室」を開催 -- 子育てにやさしいまちづくりを目指して

(Digital PR Platform) 2017年03月09日(木)08時05分配信 Digital PR Platform

聖徳大学生涯学習研究所(千葉県松戸市)は3月13日(月)に「子育ち・子育てバリアフリー教室」(共催:「日本福祉のまちづくり学会子育ち・子育てまちづくり特別研究委員会」)を開催。ベビーカーでのノンステップバスの乗降体験や、バリアフリー歩道の通行体験などを通じて、子育てにやさしいまちづくりについて考える。子育て中の人のほか、子育てバリアフリーに関心のある人なども参加可。要事前申し込み(定員30名)、参加費無料。


 現在、国や自治体では子育て支援に力を入れている。しかし、いざベビーカーで街に出ようとすると、バリアがたくさんあり、周りの人に気を遣いながら公共交通を利用したり街中を移動しなければならない毎日が待ち構えている。

 こうした中、聖徳大学生涯学習研究所は3月13日(月)に「子育ち・子育てバリアフリー教室」を開催する。当日は、ベビーカーのバスの乗降体験やバリアフリー歩道の通行体験などを実施。体験を通じて、子育て中の人がバスの利用時や街中で困ることをまわりの人々と共有し、それぞれの立場でできることや配慮すべきことについて考える機会とする。概要は下記の通り。

◆「子育ち・子育てバリアフリー教室」
【日 時】 3月13日(月)10:00〜12:10(開場 9:30)
【場 所】
 国土交通省関東地方整備局 関東技術研究所 建設技術展示館
 (JR武蔵野線「新八柱・新京成線「八柱」駅下車 バス「牧の原団地」行き乗車「牧の原小学校前」下車徒歩2分)
【主 催】
 日本福祉のまちづくり学会子育ち・子育てまちづくり特別研究委員会、聖徳大学生涯学習研究所
【協 力】
 国土交通省関東運輸局、国土交通省関東地方整備局、松戸新京成バス株式会社
【定 員】 30名
【参加対象】 子育て中の人、子育てバリアフリーに関心のある人など
【プログラム】
・10:00〜10:05 挨拶、趣旨説明
・10:05〜10:15 グループごとの自己紹介、移動
・10:15〜11:00 体験(各20分)
 1.ベビーカーでノンステップバスの乗降体験
 2.ベビーカーでバリア・バリアフリーの歩道を通行体験
・11:00〜11:20 休憩
・11:20〜11:50 グループワーク(意見交換)
・11:50〜12:00 各グループの発表
・12:00〜12:10 まとめ、講評

▼本件に関する問い合わせ先
 聖徳大学生涯学習研究所
 〒271-8551 千葉県松戸市松戸1169 聖徳大学生涯学習社会貢献センター6階
 TEL: 047-365-5691
 URL: http://www.tunagari.jp/

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る