• トップ
  • リリース
  • 摂南大学が大阪くらしの今昔館と共催で「企画展 浪花の大ひな祭り -- 浪花の豪商の雛道具展 -- 」を開催中 -- 加島屋(廣岡家)伝来の雛人形と雛道具を初展示

プレスリリース

摂南大学が大阪くらしの今昔館と共催で「企画展 浪花の大ひな祭り -- 浪花の豪商の雛道具展 -- 」を開催中 -- 加島屋(廣岡家)伝来の雛人形と雛道具を初展示

(Digital PR Platform) 2017年03月03日(金)08時05分配信 Digital PR Platform

摂南大学(大阪府寝屋川市)は2月25日〜4月2日まで、大阪市立住まいのミュージアム【愛称:大阪くらしの今昔館(大阪市北区)】で「企画展 浪花の大ひな祭り−浪花の豪商の雛道具展−」を開催中。全国各地の市民から大学に寄贈されたひな人形600体と外国語学部が制作した多言語解説パネルを展示している。また、浪花の豪商「加島屋」(廣岡家)に伝来した享保雛や立雛、道具類なども展示中。


 摂南大学と大阪くらしの今昔館共催の「浪花の大ひな祭り」は、今年で4回目を迎える。年々、来館者が増えており、特に外国人観光客からも関心が寄せられていることから、外国語学部による多言語解説パネル(日本語・英語・中国語<簡体字・繁体字>・韓国語・スペイン語・インドネシア語)を設置し、世界の人々に日本の美しい伝統行事を発信している。

 また、浪花の豪商「加島屋」(廣岡家)に伝来した節句飾り一式が新たに発見され、同館に寄贈されたことを記念し、加島屋伝来の享保雛や立雛、道具類の数々を展示している。廣岡家はNHKのテレビ小説のモデルとなった廣岡浅子の嫁ぎ先としても知られる商家の一つ。華麗な豪商の暮らしぶりを伝える雛道具が連日外国人観光客をはじめ多くの来場者の目を楽しませている。

◆企画展 浪花の大ひな祭り−浪花の豪商の雛道具展− 
【開催日時】
 2017年2月25日(土)〜4月2日(日)
 ・開館時間: 10:00〜17:00
 ・閉館日: 毎週火曜日、3月22日(水)
【場 所】
 大阪くらしの今昔館内 8階企画展示室
 (大阪市北区天神橋6丁目4-20)
【入館料】
 常設展+企画展 一般800円、高・大生500円
 ※団体割引等の詳細は今昔館HPを参照

●大阪くらしの今昔館
 http://konjyakukan.com/

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人常翔学園 広報室(笹部・上田)
 TEL: 06-6954-4026

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る