• トップ
  • リリース
  • 津田塾大学・敬愛大学・佐倉市が3月12日(日)にコラボ講演会「佐倉市の国際性 -- 津田仙から津田梅子へ --」を開催

プレスリリース

  • 記事画像1

津田塾大学・敬愛大学・佐倉市が3月12日(日)にコラボ講演会「佐倉市の国際性 -- 津田仙から津田梅子へ --」を開催

(Digital PR Platform) 2017年02月28日(火)08時05分配信 Digital PR Platform

津田塾大学・敬愛大学・佐倉市は、2017年3月12日(日)に佐倉市内において、「佐倉市の国際性−津田仙から津田梅子へ−」と題したコラボ講演会を開催する。講演会には、創立者津田梅子の父津田仙が佐倉市の出身であることから同市とゆかりの深い津田塾大学から高橋裕子学長が、国際性に関する知見を有する敬愛大学からは高田洋子、村川庸子、山本健らの教授陣が出席する。佐倉市からは、佐倉市史編さん委員である内田儀人氏が加わる。本講演会は、佐倉市民カレッジの一環であり、生涯学習の取り組みとして、広く市民への参加を呼び掛けている。


■佐倉市民カレッジ公開講座
津田塾大学・敬愛大学・佐倉市コラボ講演会「佐倉市の国際性−津田仙から津田梅子へ−」

【日時】 2017年3月12日(日) 
     午後1 時30 分〜午後3 時30 分( 開場: 午後1 時)
【場所】 佐倉市立中央公民館
     〒285-0025 佐倉市鏑木町198-3
【アクセス】
 京成佐倉駅またはJR 佐倉駅下車。
 あるいはちばグリーンバス「岩淵薬品本社前」下車。
 駐車場に限りがありますので最寄りの交通機関をご利用ください。

【プログラム】
 第一部 講演
 テ ー マ: 「文明開化期に生きた女性−津田梅子と父仙」
 講  師: 津田塾大学 学長 高橋 裕子

 第二部 パネルディスカッション
 テ ー マ: 「佐倉の国際性と仙の生きた時代」
 パネリスト: 津田塾大学 学長 高橋 裕子
        敬愛大学国際学部 教授 村川 庸子 ・教授 山本 健
        佐倉市史編さん委員 内田 儀久
 進  行: 敬愛大学国際学部 教授 高田 洋子

【申し込み】
 佐倉市立中央公民館
 TEL. 043-485-1801 / FAX. 043-485-1803(氏名・連絡先明記)
 定員200 名(先着順) / 参加費無料
 締め切り3 月6 日(月)定員になり次第締め切り

【関連情報】
 佐倉市   http://www.city.sakura.lg.jp/0000016056.html
 津田塾大学 http://www.tsuda.ac.jp/
 敬愛大学  http://www.u-keiai.ac.jp/

▼取材についての問い合わせ先
 敬愛大学
 IR企画室 工藤
 TEL. 043-284-2335
 irkikaku@u-keiai.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る