• トップ
  • リリース
  • 将来の学びを豊かに!大学の存在を知ってもらいたい! 大手前大学が「大手前子ども食堂」を発足 -- 学生らが運営に協力、2月25日、3月18日に開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

将来の学びを豊かに!大学の存在を知ってもらいたい! 大手前大学が「大手前子ども食堂」を発足 -- 学生らが運営に協力、2月25日、3月18日に開催

(Digital PR Platform) 2017年02月15日(水)08時05分配信 Digital PR Platform

大手前大学(兵庫県西宮市・学長 鳥越皓之)は、学生と教員の有志による「大手前子ども食堂」プロジェクトを立ち上げた。これは、総合文化学部の柏木智子准教授が昨年、学生たちに呼びかけスタートしたもので、管理栄養士などを目指す健康栄養学部の学生らが運営に参加。2月と3月の各1日、「食育」に力を入れたメニューを子どもたちに提供するとともに、大学の存在を知ってもらい、進学への動機づけとしてもらうことを目指している。


 「子どもの貧困」が世界的な問題となり、わが国でも6人に1人の子どもが貧困状態にあるといわれる近年、貧困の連鎖の克服に向け、大学進学を含めた子どもの将来の学びを豊かにすることが求められている。

 こうした中、大手前大学(総合文化学部、現代社会学部、メディア・芸術学部、健康栄養学部)で学ぶ学生ら約30名は、教職課程や管理栄養士を目指すカリキュラムなどを通じて修得した日頃の成果を活かして、共に楽しく食事をし、レクリエーションを行う「大手前子ども食堂」プロジェクトを立ち上げた。
 同大では、子どもたちが半日をキャンパスで過ごし、大学での楽しい時間を経験することで、大学を身近に感じてもらい、子どもたちの将来の学びの選択肢を増やしたいと考えている。

 このプロジェクトは、今年度は2月25日(土)と3月18日(土)に、大手前大学いたみ稲野キャンパスで実施。次年度以降も引き続き、実施することを検討している。
 当日は大阪市西成区のNPO法人「にしなり☆こども食堂」との協力・連携で、2月は同施設に通う児童約40名を、3月はキャンパス周辺地域の子どもたちに、広く参加してもらう予定。

■大手前子ども食堂 実施概要
【日 時】
(1)2017年2月25日(土)10:00〜15:00
(2)2017年3月18日(土)10:00〜15:00

【場 所】
 大手前大学 いたみ稲野キャンパス
 (兵庫県伊丹市稲野町2-2-2)

【子ども食堂・メニュー】
○2月実施分
 炊き込みごはん、チキングリル(サラダ添え)、豚汁、オレンジゼリー
○3月実施分
 ちらし寿司、唐揚げのピンチョス風、茶わん蒸し、フルーツポンチ

【プログラム】
 10:00〜12:00 オープニングとレクリエーション(体育館にてドッジボールなど)
 12:00〜13:00 昼食
 13:00〜15:00 レクリエーション(そり遊び、スタンプラリーなど)(雨天の場合変更あり)

▼取材・本件に関するお問い合わせ
 大手前大学/大手前短期大学 アドミッションズ オフィス 学園広報
 藤本・平田
 TEL: 0798-36-2532 (直通)
 FAX: 0798-23-4865

【リリース発信元】 大学プレスセンターhttp://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る