• トップ
  • リリース
  • 学校法人城西大学が日本で学ぶ留学生を対象にした詩歌賞「帰路賞」の授賞式を開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人城西大学が日本で学ぶ留学生を対象にした詩歌賞「帰路賞」の授賞式を開催

(Digital PR Platform) 2017年02月04日(土)08時05分配信 Digital PR Platform

学校法人城西大学は1月27日、詩歌賞「帰路賞」の授賞式を開催した。同賞は日本で学ぶ外国人留学生(大学生・高校生、年齢不問)を対象としたもので、多数の応募の中から奨励賞5人、佳作7人を選考。賞状や賞金を授与した。


 学校法人城西大学は2015年12月、創立50周年を記念して法人本部内に国際現代詩センターを設立。その後、中国の北京大学詩歌研究院、北京師範大学、首都師範大学と交流協定を結び、日中両国の現代詩ジャンルに関する研究を進めている。2016年3月には、北京大学内に城西大学の現代詩センター事務所を開設した。
 「帰路賞」は、こうした現代詩への取り組みの一環として、思潮社の協賛、毎日新聞社、ジャパンタイムズ社の後援を受けて創設したもの。賞の名称は、詩人でもある水田宗子同センター所長の詩集「帰路」にちなんでいる。

 1月27日に行われた授賞式で水田所長は、「皆さま、これからも詩を書き続け、さらに私どもを驚嘆させ、うならせる作品を書いていただきたい。この賞によって日本の現代詩に一つの新たな方向が出てくることを期待します」と挨拶した。選考委員を務めた詩人の高橋睦郎、平田俊子、野村喜和夫の3氏による講評もあり、高橋氏は「本当に素晴らしい作品がたくさんあり、読ませていただいて刺激を受けました」と述べた。

 奨励賞5人、佳作7人には賞状などが授与され、作品「シネポエム」で奨励賞に輝いたアンドリュー・カンパーナさん(カナダ、早稲田大学文化構想学部)が受賞者を代表して「国の間の壁が作られている時代にも、新たな詩的な道が切り開かれています。私たちは詩の道を歩み続けて精進していくつもりです」と受賞の喜びを語った。その後、受賞者による詩の朗読が行われた。

 受賞者と作品、所属、国籍は以下の通り(敬称略)。

◆受賞者
【奨励賞】
アンドリュー・カンパーナ「シネポエム」 早稲田大学文化構想学部(カナダ)
ヨーナス・エンゲスヴィーク「クラインの壷」 城西国際大学人文科学研究科(ノルウェー)
トルバラ・アデリナ「百万本のバラの街」 城西国際大学メディア学部(ウクライナ)
青竹(本名・羅麗傑)「水」 城西国際大学人文科学研究科(中国)
肖博倫「雪があさってに降るということだ」 城西大学現代政策学部(中国)

【佳 作】
ネーメト・ヴィヴィエン「幽霊」 城西大学経営学部(ハンガリー)
陳●(●は王へんに旋)「巨人の足跡」 北海道大学文学研究科(中国)
バンズィ・アニタ「星空」 城西国際大学メディア学部(ハンガリー)
黄暁双「曼珠沙華」 東京大学総合文化研究科(中国)
劉沐暘「空へ落ちる」 城西国際大学人文科学研究科(中国)
屠沖「カプリッチオ」 東京ワールド日本語学校(中国)
陳○(○は王へんに路)「風」 東京外国語大学(中国)

◆「帰路賞」授賞式
【日 時】 1月27日(金)
【会 場】 城西大学 東京紀尾井町キャンパス3号棟 国際会議場
【主 催】 学校法人城西大学国際現代詩センター
【協 賛】 思潮社
【後 援】 毎日新聞社、ジャパンタイムズ

▼本件に関する問い合わせ先
 城西大学法人本部広報センター
 03-6238-1240

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る