• トップ
  • リリース
  • 多摩美術大学×二子玉川ライズ 地域連携アートプロジェクト タマリバーズVol.6「タマゾニア」開催 -- 学生による参加型アートパフォーマンス

プレスリリース

  • 記事画像1

多摩美術大学×二子玉川ライズ 地域連携アートプロジェクト タマリバーズVol.6「タマゾニア」開催 -- 学生による参加型アートパフォーマンス

(Digital PR Platform) 2017年01月17日(火)14時05分配信 Digital PR Platform

多摩美術大学は1月28日(土)と29日(日)に、複合施設・二子玉川ライズとの協働による地域連携アートプロジェクト「タマリバーズ」を開催。6回目を迎える今年は、大型イベントスペース「ガレリア」において突如出現する謎の国「タマゾニア」を舞台に、全学科有志の学生が、パフォーマーとオーディエンスの境界線を越えた参加型アートパフォーマンスを披露する。なお、1月24日(火)〜29日(日)まで「オペラ魔笛より衣裳展」「舞台と映画の習作」も同時開催。


 「タマリバーズ」は2011年から毎年開催されており、二子玉川ライズに近接する多摩美術大学上野毛キャンパスの学生が演劇や展示、ワークショップなどを行っている。
 2011〜2014年は造形表現学部の学生による企画のもと、また昨年は美術学部に新設された演劇舞踊デザイン学科・統合デザイン学科の学生による企画のもと実施した。
 今年は多摩美術大学が設けるPBL(Project Based Learning)科目の産学協同研究授業として、東急電鉄、東急エージェンシーなどの企業とも連携。演劇舞踊デザイン学科と統合デザイン学科の学生が「新しい街に賑わいをもたらす仕掛けづくり」をテーマに、企画立案から広報展開、公演に至るまでを担当した。全学科の中から参加を希望した学生たちによるアートパフォーマンス「タマゾニア」を実施する。

■多摩美術大学×二子玉川ライズ 地域連携アートプロジェクト
 タマリバーズvol.6 『タマゾニア』 概要

 『タマゾニア』は、多摩川に生息する外来魚たちによるパフォーマンス。
 「ショー」的パフォーマンスのほか、お魚たちとゲームをしたり、身近に触れ合える「ブース」パフォーマンスの時間もある。
【日時】
 2017年1月
  28日(土)17:00〜
  29日(日)14:00〜/17:00〜(2公演)
 (※)1公演の上演時間は約60分
【場所】 二子玉川ライズ ガレリア
【内容】 ガレリア内に作られた架空の国「タマゾニア」において、4つのエリア(グッピー、レッドテイルキャット、ピラニア、ネオンテトラ)に分かれたブースを巡りながら、各パフォーマンスを体験してもらう。定時になると、ダンスを中心とした大型パフォーマンスも行われる。パフォーマンス中60分間の入退場は自由。
【料金】 参加無料 入退場自由
【主催】 二子玉川ライズ/多摩美術大学

◎同時開催
「オペラ魔笛より衣裳展」「舞台と映画の習作」
【日時】 2017年1月24日(火)〜29日(日)10:00〜18:00(最終日のみ15:00まで)
【場所】 二子玉川ライズ・オフィス1階エントランスロビー
【内容】 演劇舞踊デザイン学科劇場美術デザインコース3年衣裳ゼミによる「オペラ魔笛」を題材とした習作展を行う。また同会場にて、当学科演劇舞踊コース・劇場美術デザインコース3年生が合同で取り組む「上演実習・上映実習」の映像を上映する。

・「タマリバーズ」ホームページ
 http://www.rise.sc/tamarivers/

・多摩美術大学HP「PBL(Project Based Learning)科目」
 http://www.tamabi.ac.jp/dept/pbl/index.htm

▼本件に関するお問い合わせ先
 多摩美術大学 上野毛キャンパス
 総合企画室 担当: 米山・黒田
 〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34
 TEL: 03-3702-1141
 FAX: 03-3702-9416
 E-mail: kikaku@tamabi.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る