• トップ
  • リリース
  • 学習院大学身体表象文化学専攻主催の演劇ワークショップが2月22日〜26日まで『HUIS CLOS(ユイ=クロ) -出口なし-』を上演

プレスリリース

学習院大学身体表象文化学専攻主催の演劇ワークショップが2月22日〜26日まで『HUIS CLOS(ユイ=クロ) -出口なし-』を上演

(Digital PR Platform) 2017年01月16日(月)08時05分配信 Digital PR Platform

学習院大学身体表象文化学専攻が主催する演劇ワークショップは2017年2月22日(水)〜26日(日)まで、同大南1号館3階特設劇場にて戯曲『HUIS CLOS(ユイ=クロ) -出口なし-』を上演。20世紀を代表する哲学者、文学者の一人、ジャン=ポール・サルトルが描いた人間の普遍的なテーマを、新訳を用いてより鮮明に炙り出す。入場料無料(全席自由、予約優先制。25日は上演後にポストトークあり)。


■身体表象文化学専攻主催/文学会共催
 演劇ワークショップ『HUIS CLOS(ユイ=クロ) -出口なし-』

 とあるホテルの一室、ギャルソンに案内されてやってきたのは、一人の男と二人の女。
 出口のない部屋で、三つ巴の会話劇がはじまる―――。

 2014年より始まった、作品分析の研究会とリンクした上演企画である『不条理な演劇祭』(2015)、およびジョルジュ・フェドー『旦那さまはハンター!』(2016)は、2年間で約800人の観客を動員し好評を博した。本年度は、サルトルの異色の戯曲を取り上げる。人間の普遍的なテーマを、新訳を用いてより鮮明に炙り出す。

【作】 ジャン=ポール・サルトル
【演出】 多和田真太良
【翻訳・ドラマトゥルク】 西樹里
【舞台美術・宣伝美術】 吉田健嗣
【制作】 関根麻里恵 岡村正太郎
【出演】 窪田壮史/木場光勇/吉田直子/平澤萌花

【日時】 2017年2月22日(水)〜26日(日)
  22日(水) 17:30〜
  23日(木) 13:00〜/17:30〜
  24日(金) 13:00〜/17:30〜
  25日(土) 15:00〜 ※上演後にポストトークあり
  26日(日) 15:00〜

【場所】 学習院大学 南1号館3階特設劇場
   (東京・目白:キャンパス案内はこちら→ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
【主催】 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻/共催:学習院大学文学会
【製作】 戯れの会
【入場料】 無料(全席自由:予約優先制)

【予約取扱い】 12月1日予約受付開始
 ・Facebook「戯れの会」公式ページ
  https://www.facebook.com/tawamuredrama/about
 ・CoRich(こりっち)専用ページ
  http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=78729

【問い合わせ先】 戯れの会
  メール:tawamuredrama@gmail.com
  Facebook:「戯れの会」/Twitter:@tawamuredrama

▼本件に関するお問い合わせ先
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 E-Mail: cscvroff@gakushuin.ac.jp
 TEL: 03-5992-1404(平日10:00〜11:30、12:30〜18:00/土9:00〜12:30)
※こちらはお問合せ専用です。予約申し込みには対応しておりません。

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る