• トップ
  • リリース
  • 東京経済大学×宮城教育大学〜ウェブ会議・オンラインコミュニケーションツール「Zoom」を活用 -- 学生同士で本の魅力を紹介し合い⇒投票⇒チャンプ決定の知的書評合戦開催

プレスリリース

  • 記事画像1

東京経済大学×宮城教育大学〜ウェブ会議・オンラインコミュニケーションツール「Zoom」を活用 -- 学生同士で本の魅力を紹介し合い⇒投票⇒チャンプ決定の知的書評合戦開催

(Digital PR Platform) 2017年01月06日(金)08時05分配信 Digital PR Platform

東京経済大学(東京都国分寺市)は、2017年1月11日(水)16時20分から、同大図書館ブラウジングスペースで「知的書評合戦〜オンライン・ビブリオバトル〜」を開催する。


 ビブリオバトルは、好きな本さえあれば専門や年齢・性別を問わず誰でも参加できるいわば自由な「競技」。バトラー(発表者)が各自5分で魅力をまじえ本を紹介し、2〜3分のディスカッションを実施する。その後、発表者全員で読みたくなった本(チャンプ本)を投票し決定するスポーツのような書評会。大学をはじめ、多くの教育現場や有志のサークルなどで近年盛んに行われている。

 今回は、国分寺市にある東京経済大学と仙台市にある宮城教育大学のビブリオバトルサークル「BIBLion(ビブリオン)」がオンラインコミュニケーションツール「Zoom」を活用し、対戦する。

 東京経済大学では過去3度このバトルを開催。発表した学生は「自分の思いを伝える良い経験になった」と感想を述べている。また、聴衆として参加した学生からは「いろいろなジャンルの本のことを知ることができ、非常に興味深かった」などの声が寄せられている。

 今回のイベントを企画した新正裕尚経営学部教授(「地球の科学」「教養入門」ほか担当)は「ネットやスマホが身近な学生にとって、『ネット対戦』を通すことで、アナログな本に興味を持ってもらういい機会になればと考えている。人前で興味を持ってもらえる話し方をするトレーニングにもなる」とねらいを語っている。

 2016年2月発表の日本経済団体連合会「新卒採用に関するアンケート調査(会員企業1331社対象)」の選考時に重視する要素では「コミュニケーション能力」が12年連続で1位となっており、学生が持つこの能力への期待はますます高まっている。

▼リリースに関するお問い合せ先:
 東京経済大学広報課(担当:山口)
 E-mail: yama@s.tku.ac.jp
 〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34  
 TEL: 042-328-7724
 FAX: 042-328-7768

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る