• トップ
  • リリース
  • 国際大学(IUJ)が2017年1月13日(金)にスーパーグローバル大学創成支援事業特別シンポジウムを開催 -- 「トゥキディディスの罠: 激変する世界と国際安全保障の諸側面」

プレスリリース

  • 記事画像1

国際大学(IUJ)が2017年1月13日(金)にスーパーグローバル大学創成支援事業特別シンポジウムを開催 -- 「トゥキディディスの罠: 激変する世界と国際安全保障の諸側面」

(Digital PR Platform) 2016年12月19日(月)08時05分配信 Digital PR Platform

国際大学(IUJ)は、スーパーグローバル大学創成支援事業特別シンポジウムとして、「トゥキディディスの罠: 激変する世界と国際安全保障の諸側面」を開催する。


 シンポジウムは、国際安全保障分野において世界的な研究者であるDavid A. Welch氏(ウォータールー大学政治学教授)を特別講師として迎え、「中国の台頭とトゥキディディスの罠」と題した基調講演を予定している。

 また、基調講演後には、Stephen M. Saideman氏(カールトン大学ノーマン・パターソン国際関係大学院パターソン・チェア)、彦谷貴子氏(防衛大学校准教授)、Seung Hyok Lee氏(北海道大学准教授)、信田智人(国際大学教授)の4名のパネリストがプレゼンテーション及びディスカッションを行う。

 このシンポジウムは、優れた教育・研究業績を有する学識者と55ヵ国・地域から集う多様な国際大学学生との間で多角的視野からの意見交換が行われることによって、今後グローバル社会で活躍するために欠かすことのできない「多様性への理解」を深めることを目的としている。

■「トゥキディディスの罠: 激変する世界と国際安全保障の諸側面」
<日時>
2017年1月13日(金) 3:00 p.m. 〜6:20 p.m.

<会場>
国際大学(IUJ) 松下図書・情報センター ホール(3階)
◆最寄り駅 上越新幹線「浦佐駅」

<特別講師>
David A. Welch氏 ウォータールー大学政治学教授

<モデレーター>
山口 昇 国際大学副学長

<パネリスト>
Stephen M. Saideman 氏 カールトン大学国際関係大学院パターソンチェア・教授
彦谷 貴子 氏 防衛大学校准教授
Seung Hyok Lee 氏 北海道大学准教授・ヘブライ大学博士研究員
信田 智人 国際大学国際関係学研究科教授

<プログラム>
2:30 p.m. 開場
3:00-3:05 p.m. 開会の挨拶
3:05-4:05 p.m. David A. Welch教授によるKeynote Speech、質疑応答
4:05-4:15 p.m. 休憩
4:15-5:05 p.m. パネルプレゼンテーション
[パネルトーク1] The challenge of uncertainty in a Trump world
Stephen M. Saideman 氏
[パネルトーク2] Japan’s Contribution to the Peacebuilding Process in Mindanao
信田 智人
[パネルトーク3] The Role of Civilians in Security Issues
彦谷 貴子 氏
[パネルトーク4] The Challenges of North Korean Factors to Japanese-South Korean Relations and Northeast Asia
Seung Hyok Lee 氏
5:05-5:45 p.m. パネルディスカッション、質疑応答
5:45-5:50 p.m. 閉会の挨拶
5:50-6:20 p.m. ネットワーキング

<参加費>無料

<使用言語>英語
※同時通訳はございません。

参加ご希望の方は、1月9日(月)までにオンライン登録でお申し込み下さい。
【URL】 https://goo.gl/forms/i6YXwySbQIk5As1o2

▼お問い合わせ先
 国際大学(IUJ) スーパーグローバル大学推進室
 〒949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地
 電話: 025-779-1486/1536
 FAX: 025-779-1460
 E-Mail: sgu-stf@iuj.ac.jp
 担当: 入内嶋・加藤

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る