• トップ
  • リリース
  • 東京都市大学が横浜キャンパスの学生食堂で「地産地消」メニューを販売 -- 学生ら推進チームによる学生満足度向上と地域連携の取り組み

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

東京都市大学が横浜キャンパスの学生食堂で「地産地消」メニューを販売 -- 学生ら推進チームによる学生満足度向上と地域連携の取り組み

(Digital PR Platform) 2016年12月12日(月)08時05分配信 Digital PR Platform

東京都市大学横浜キャンパス(横浜市都筑区)では、横浜市の地産地消月間(11月)に合わせ、学生食堂で地元都筑区産の野菜や果物を使用した「地産地消」メニューを販売した。この取り組みは、同キャンパスの環境改善に取り組む学生・職員のCS推進チーム※が、学生食堂の利用満足度向上を目的に2015年度から継続的に行っているもの。地元産の野菜を使用することで、地域への貢献とともに、輸送時に生じる環境負荷の低減を図りながら、学生食堂の利用満足度向上を目指す。


 横浜キャンパスの学生食堂では11月下旬から12月上旬までを3期に分け、大根、人参、小松菜、ゆずなどを使った「都筑区産たっぷりつけ汁うどん・そば(410円)」、甘く煮た果物・野菜をトッピングした「ロールケーキ都筑区産野菜トッピング(180円)」、わさび菜、白菜などを使った「都筑区産野菜入りピザ(280円)」の3種が提供された。

 地域連携を視野に入れ、「地産地消」のテーマのもと、材料となる野菜や果物は「都筑ファーム直売所」の加藤之弘氏に提供していただいた。
 地産地消は、輸送時に排出する二酸化炭素量を軽減するという、環境に配慮した活動でもあり、環境学部を擁する横浜キャンパスの教育内容にもつながっている。

 学生・職員で構成されるCS推進チームは今後、販売状況や学生のニーズをアンケート等で調べ、今後の取り組みに反映していく予定。

※CS=Customer Satisfaction
 直訳すると顧客満足となるが、東京都市大学では第1の顧客を学生と位置づけ、「学生の信頼と安心のために」をスローガンに、学生満足度の更なる向上を目指して、さまざまな取り組みを実施している。

※CS推進チーム
 東京都市大学では、キャンパスごとに学生と職員がお互いに「顔の見える関係」のもと、対話を重ねながら、学生満足度の向上や事務局の業務改善のために協働している。

・2015年度の取り組み
 https://www.tcu.ac.jp/topics/201511/20151125000001978.html

▼本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
 学校法人五島育英会(東京都市大学グループ)法人本部広報室
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-10-7 五島育英会ビル8階
 TEL: 03-3464-6916  
 FAX: 03-3464-6650

(▼本件に関するお問い合わせ先)
 東京都市大学横浜キャンパス
 〒224-8551 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1
 TEL: 045-910-0104(代)
 FAX: 045-910-2600

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る