• トップ
  • リリース
  • 大阪電気通信大学工学部環境科学科齊藤研究室の「ラズベリープロジェクト」が「アグリビジネス創出フェア2016」に出展

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

大阪電気通信大学

大阪電気通信大学工学部環境科学科齊藤研究室の「ラズベリープロジェクト」が「アグリビジネス創出フェア2016」に出展

(Digital PR Platform) 2016年12月12日(月)08時05分配信 Digital PR Platform

大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)工学部環境科学科齊藤研究室の「ラズベリープロジェクト」は、12月14日(水)から16日(金)に東京ビッグサイトで開催される「アグリビジネス創出フェア2016」(主催:農林水産省)に出展。食機能性ポリフェノールの中でも特に高い機能をもつといわれている“プロアントシアニジン”を多く含むラズベリーについての研究成果や、開発した商品を紹介する。入場無料(事前または当日登録が必要)。


 大阪電気通信大学工学部環境科学科の齊藤研究室(齊藤安貴子准教授)では、高機能性ポリフェノール“プロアントシアニジン”に着目し、“プロアントシアニジン”が大量に含まれるラズベリーについて、地元の社会福祉法人や農園、富山県農林水産総合技術センターなどと共同研究を進めている。
 さらに、ポリフェノールの機能性を活かした商品開発を目指す学生主体のアクティブ・ラーニンググループである「ベリーベリープロジェクト」が発足。今年6月には大学発の機能性食品として、岩手県三陸沖の塩を使ったラズベリー入りサイダー「ソルティ・ラズベリー」の開発も手がけた。
 この「ベリーベリープロジェクト」と、齊藤研究室内のラズベリー関連の研究をする学生達がともに活動するチームが「ラズベリープロジェクト」であり、学生主体の商品開発と最先端の研究がミックスされた特徴的な団体となっている。

 「アグリビジネス創出フェア2016」は農林水産省が主催する最大級の農林水産・食品分野の技術交流展示会で、「ラズベリープロジェクト」の出展は今年で2回目。
 当日は、学生たちがパネルやポスターを使用した研究発表を行うほか、「ソルティ・ラズベリー」をはじめとしたラズベリー関連商品の試食・試飲も行う予定。「アグリビジネス創出フェア2016」の概要は下記の通り。

◆「アグリビジネス創出フェア2016」開催概要
【日 時】 12月14日(水)〜16日(金)10:00〜17:00
【会 場】
 東京ビッグサイト西4ホール
 ※「ラズベリープロジェクト」のブースは食ゾーン「食613」
【主 催】 農林水産省
【入場料】 無料(事前または当日登録が必要)

●「アグリビジネス創出フェア2016」公式サイト
 http://agribiz-fair.jp/

●ベリーベリープロジェクトについて
 http://www.osakac.ac.jp/berry/

(関連記事)
・大阪電気通信大学の学生プロジェクトと東日本大震災復興支援会社が炭酸飲料「ソルティ・ラズベリー」を共同開発 -- 6月15日から数量限定販売(2016/06/14)
 http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=9669

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL: 072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る