プレスリリース

  • 記事画像1

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao

冬こそ寒さ対策!「首」を温めるといい理由とは?

(Digital PR Platform) 2016年12月06日(火)14時13分配信 Digital PR Platform

「身体がちょっと冷えたな…」と感じたとき、マフラーやストールを首に巻いたり、お風呂に首までつかったりすると、すぐに体がぽかぽかして、なんだかホッとしますね。じつはこれ、全身を温めるためにとても効率のよい方法だったのです!

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(http://www.well-lab.jp/)にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。
―――――――――――――――――――――――――

■なぜ首を温めると全身がぽかぽかに?
―――――――――――――――――――――――――
全身を温めたいとき、とくに首を温めるとよい理由は2つあります。

(1)首の皮膚表面近くに動脈がある
血流には、温かい血液を身体のすみずみまで届けることで、全身を温めるという大切な役割があります。
血流が体表近くを通っている部位が“首”。首をさわると血管がドクドクと拍動しているのが感じられます。これは血液の通り道である動脈が、身体の表面近くを通っているからです。このため、首が冷えると熱を逃がしやすいという弱点がある反面、首を温めることによって血液がすぐに温められるという大きなメリットがあります。
つまり首は、冷やすと熱を奪われやすく、温めると全身に熱を伝えてくれる温度に敏感な部位なのです。

(2)首もとは心地よさを感じやすいポイント
首は、短時間で温かい温度を感じやすいホットポイントです。首もとを温めると、心地よくリラックスできます。

■首を上手に温める方法は?
―――――――――――――――――――――――――
日中はマフラーやストールなどを使い、首を寒さからガードしましょう。少しでも冷えを感じたら、肌に直接貼ることができる温熱シートなどを使い、冷えないうちに首の温めを。蒸気が出るタイプの温熱シートなら、熱をより深く、広く身体に伝えることができます。
また、就寝前に30分程度温熱シートで首を温めると、短時間で心地よさを感じるため、リラックスして眠りにつくことができます。

>>手足が冷えやすい人はストレスを感じやすい?冬こそ冷え症の改善を!
http://www.well-lab.jp/201612/basics/9946

>>冷えもストレスも解消!この冬取り入れるべき話題の“温活”とは?
http://www.well-lab.jp/201612/recipe/9949

>>お腹を冷えから守る温活は“中から&外から”がポイント
http://www.well-lab.jp/201612/recipe/9951

>>ストレスで手足が冷える?冷えとストレス対策には温活が効く!
http://www.well-lab.jp/201612/feature/9938

監修:川嶋 朗先生
写真:PIXTA



本件に関するお問合わせ先
ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao

TEL:03-4570-3167
FAX:03-4580-9128
info@well-lab.jp

関連リンク
冬こそ寒さ対策!「首」を温めるといい理由とは?
http://www.well-lab.jp/201612/recipe/9950

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る